ゼノがメルエムと戦わずに帰った理由について考察

ゼノがメルエムと戦わずに帰った理由について考察

0 三ツ星の考察ハンター

王宮に来る時に、ゼノ自身の念能力「龍頭戯画(ドラゴンヘッド)」に乗ってたってことは、王宮を離れる時もネテロとメルエムと一緒に「龍頭戯画(ドラゴンヘッド)」に乗ることもできたはず。

82件のコメント

1 三ツ星の考察ハンター

これホントに謎だった
ゼノってシルバと一緒にすぐ帰ったよな

2 三ツ星の考察ハンター

もしかしたら、ネテロが「メルエムと一対一で勝負するから手をだすな」とか言ってたのかもな。

3 三ツ星の考察ハンター

ゼノは完全にドラゴンダイブ要因だったってことか?

4 ハンター

ネテロに「来んなっ!」とか、いわれたんじゃね?

5 三ツ星の考察ハンター

ドラゴンダイブ要因っていうのは一理あるな

6 三ツ星の考察ハンター

ネテロとゼノが組んだら、まだなんとかできたかもしれないのにね

7 名無しのハンターハンターマニア

メルエムと戦うとなると別料金←

8 三ツ星の考察ハンター

戦力外!!

9 ピングドラム

本来はゼノ、シルバは蟻討伐の応援要因だった。奇襲攻撃で傷付いたコムギを抱く王の顔を見て「話が違う」つまり王=人間を無慈悲に襲う悪 ではなかったから自ら帰ったと思う。ゼノいわく「自分は快楽殺人者ではない」から。ただ、シルバは知らなかったからヂートゥ討伐したw

10 三ツ星の考察ハンター

初めから分断のための助っ人だったんだと思ってたけど、違うのか?

11 三ツ星の考察ハンター

護衛軍との分断自体が目的で雇用されていただけであって、王との直接対決はネテロと交わした協定の範囲外だったんだろう

あとタダ働きとかタダ死にとかまっぴららしいし、あのジィさん。

それにネテロも一人で王と闘りたかったらしいし、長年の阿吽の呼吸からそこら辺をゼノが汲み取った、

だから闘わなかったって感じだったんじゃねーの、まぁユピーぐらいチョロッと狩って行って欲しかったという気持ちは拭えないけどな、まがりにも孫が命懸けで討伐参加してたわけだし
(ここまで来ると放任主義も極まれりだよ)

12 K

薔薇があるから、もともと1対1前提じゃないの

13 三ツ星の考察ハンター

ユピーってチョロっと狩れる代物ではないだろ。割りにあわないってレベルじゃねえぞ

14 三ツ星の考察ハンター

ユピーにドラゴンヘッドが効くとは思えないw

15 腐女子の国のアリス

仕事は護衛軍と王を離すだけだったから。

16 三ツ星の考察ハンター

メルエムVSネテロ(百式観音)にゼノが出てきても足手まといにしかならないようなきがする

17 三ツ星の考察ハンター

王と護衛軍を分断するまでがゼノの仕事だろ
ナレーションにも書いてあるじゃん

18 800MHz

ネテロが死ねば王が死ぬほどの爆発が起きると自分でもわかっていたから、ゼノもまきぞいにくらったら死ぬから一緒に行かなかった

19 1匹のおっさん

ネテロに百式観音をやられた。

20 99番

暗殺の仕事があったからとか・・・ 

21 三ツ星の考察ハンター

ゼノはお金を貰ってない=無駄働きだから
じゃないの?

22 三ツ星の考察ハンター

一対一の邪魔したくなかったんだろ。
ふつーに

23 名無しのハンターハンターマニア

ゼノの依頼内容って護衛軍との分断じゃないの?

24 生涯現役 一日一殺

ゾルディック家の暗殺業は頼まれたことだけを遂行するから、ネテロがお金を払って空の上から奇襲かけさせメルエムとネテロを宮殿から分離させることが依頼内容だったんじゃね? たぶんヨークシン編のクロロと戦うとこ見たらわかると思う

25 神出鬼没の奇術師

十二支んがネテロは自分で王を狩りたかったから自分たちを討伐に誘ってくれなかったみたいなこと言ってたから、
ネテロは元々一人で戦うつもりだった。
だから、ゼノにはドラゴンダイブだけ頼んで混乱に乗じてハントしようとしてた。

26 三ツ星の考察ハンター

どっちみちゼノじゃ倒せないし。

27 キル◦フェイ◦クラピ-好きです! → 旅団No,13

ゼノじゃあ、無理ですね…。
倒せんですよ。

28 三ツ星の考察ハンター

ゼノじゃ倒せないとか関係ないでしょ。それを言ったらネテロでも倒せてないから。
そもそもメルエムの戦力を知っていた人なんて誰も居ないんだし。

ハンターハンターのナンバー2だと思われるネテロとゼノが登場したにもかかわらず、二人で倒しにいかなかったのはなぜなのか?っていう考察だよ。

29 レブロン•ヂェームス

貯金使い果たしたから

30 三ツ星の考察ハンター

ネテロが気を利かせたんだろ
薔薇もあったしな
近くにいたら死ぬだろ

31 三ツ星の考察ハンター

半端な戦力は敵に吸収される恐れがある….分かるな!!

32 三ツ星の考察ハンター

ゼノが半端な戦力って(笑)

33 三ツ星の考察ハンター

護衛軍を王から離れさせてバラバラにするようにネテロに頼まれたんじゃないの?

34 三ツ星の考察ハンター

眠たかったから帰ったんだよ!

35 三ツ星の考察ハンター

ゼノは朝が早かったw

36 三ツ星の考察ハンター

薔薇があったからだろ。

37 シロロ

>24
そぅだと思う。ネテロさんからゼノじぃちゃんへの依頼があくまで王と護衛軍との分断までだったから。きっと切り札(薔薇)まで考慮して共闘の依頼はしなかったんだと思う。
ゾル家みんなじゃないみたいだけど、仕事以外では悪事(殺し)?は働かないんじゃないかな?特にゼノじぃちゃんあたり
ちなみに、少数派だと思うけど、ゼノじぃちゃん大好きです。いろいろかっこいいと思う。

38 三ツ星の考察ハンター

無駄な殺しはしないっていうのが多分正解
ネテロがミニチュアローズを持っているっていうのはゼノは知らなかったと思われる(それくらい機密事項)

39 三ツ星の考察ハンター

ゼノの戦力で言うと、「ネテロ≧ゼノ」少なくてもこれくらいだと思う。
ゾルディック家の生涯現役をなめない方がいい。

40 三ツ星の考察ハンター

つまりゼノが言いたかったのはやるべき仕事を終えたら帰っていいと言うことだ

残業は良くない

41 三ツ星の考察ハンター

王>ネテロ≧護衛>ゼノ
で、護衛に対する分断要員くらいにしか考えてなかったのと、
「敗色濃い相手」って言ってたし、元から薔薇ありきの戦いだったんでしょ。

つーかあの速度の戦闘じゃ誰でも足手まといだわ。一万回を一時間どころか10分を切る速さだぞ。

42 三ツ星の考察ハンター

ワシの仕事はこれで終わりじゃ

と言っている。つまり王と護衛軍を
離すことまでが仕事だから。

43 三ツ星の考察ハンター

王がどれほど強いかは知らなかったとしても、ネテロが本気で戦おうとしてるんだから、ゼノはかなわないのは察してたとおもわれる

44 三ツ星の考察ハンター

以前のクロロをターゲットにした暗殺任務の際にも
「わしらは快楽殺人者ではなく仕事だからやってるだけ
ただ死にもただ働きもまっぴらじゃ」
的な発言から今回の任務も分断することのみ依頼されていたんだろうと思う

まあゼノなら話を聞いた時点でヤバいと思ってたろうし、実際に対峙して想定したもしくは想定よりも大きく強さを感じたんだろう
ただ見ての通り百戦錬磨の老齢の為動揺すらしていない

仕事の後のシルバとの会話も実に落ち着いて体験状況を語って帰った
これはノブと対照的な精神力である

45 三ツ星の考察ハンター

家着いて、自分の部屋入ったらゼノもハゲ散らかすよ。

46 三ツ星の考察ハンター

次回禿げてたらギャグ漫画になっちゃうだろ

47 ネテロファン

薔薇ありきはわかる気がしますね

48 三ツ星の考察ハンター

一応根拠はあるよ。
アルカ騒動の時ゼノだけ姿を表さなかった。
つまり….廃人。

49 三ツ星の考察ハンター

ゼノはこれを機に引退したら笑える

50 名無しのハンターハンターマニア

薔薇の毒があったからでしょjk

それにここで死なせたら暗黒大陸のアルカ伏線でつかえなくなるでしょ。ただコムギ傷つける要員なだけしゃね?

51 三ツ星の考察ハンター

銀髪系のゾルディックさんたちは依頼以上の無駄な殺しはしませんってだけじゃないんですかねぇ

52 三ツ星の考察ハンター

まず殺せません

53 三ツ星の考察ハンター

王がネテロとゼノの死線を横切った時に、いろいろ察したんじゃないの?

54 フリークス

全てを察したから

55 ハンターより幽白

俺の仕事はただネテロを送るだけ、みたいなこと言ってなかった?

56 三ツ星の考察ハンター

>>1
全然謎じゃないだろ
解説で依頼内容が護衛と引き離す事だって書いとったやん。しかもゼノはビジネスライクでヒソカみたいな戦闘狂じゃないから強者と戦いたいとも思わんだろうし

57 三ツ星の考察ハンター

ま、そういう事でしょうね
ゼノのジッチャン資本主義だから

58 三ツ星の考察ハンター

ネテロが王と1対1で闘う事が決まっていたのだして、
ゼノの役割は王と護衛軍の分断だったことを考えると、
護衛軍のだれか、もしくは全員を足止めする予定だったんじゃないかな。
だから逃げるきっかけづくりのためにシルバは後から来た。
ただ王と護衛軍の分断は王の意思で完了したわけだから、
いる必要もなかったから帰ったんじゃないかな。

コンマ1秒も遅れずに突入したゼノが、帰りのタイミングを決めてないなんてありえないだろうし。

59 三ツ星の考察ハンター

ゼノ戦力外っておかしいだろ
護衛軍くらい余裕だ
暗殺者なめんな

60 三ツ星の考察ハンター

ネテロの目的は
①会長として王を討伐する
②武人として王と一対一で戦い勝つ
だから、ゼノへの依頼はあくまで王と護衛軍の分断までなんだろ
タイマンに負けても保険の薔薇で討伐は達成できる算段だし

61 三ツ星の考察ハンター

家業を継いで、初めて無関係の人間を殺めたかもしれないという感覚にとりつかれていたからだろう、其を反故にするようじゃ犬畜生、奴等蟻と同じ人ですら無くなってしまう

62 トンパ=デブ

別にゼノはメルエムと戦うために呼んだんじゃなないんじゃん

63 にゃんぽ沢といく愉快な仲間たち

ゼノに対する仕事の依頼内容がメルエムと護衛軍を寸断するのが目的だったからじゃないの?

64 疾風迅雷

9とか61みたいな
、、から。、、だろう。、、しまう。
っておかと違いな意見を自信ありげな口調で話してくるやつイラつくわ

しかもこんなん疑問でもなんでもないし

65 三ツ星の考察ハンター

そうか?慈善事業じゃないんだし
王がタイマンに同意した時点でゼノの目的は達成されたようなものだから、依頼料も受け取らなかったんじゃね?コムギを傷付けてしまったことそーとーこたえてたみたいだからな

66 三ツ星の考察ハンター

一日一殺とか書かれた服来て登場したクセに、快楽殺人者じゃないとか説得力ねーぜ!スカタン!

67 三ツ星の考察ハンター

2人なら勝てたんじゃないかって意見もあるとは思いますが
俺は二人掛かりでも歯が立たない気がします

メルエムとネテロの強さの差はそれこそ人間と蟻みたいな感じだったんじゃないですか?
人間が蟻の攻撃いくら受けてもちょっと痛いくらいですよね?(軍隊蟻とかは別ですが)
実際メルエムはネテロの攻撃の予想以上の速さに面食らってただけでダメージは皆無でしたし

たぶん2人になったところで自爆の犠牲が増えるだけです

68 三ツ星の考察ハンター

>>64
お門違いは君の方だろ

ほとんどみんな作中の台詞や言い回しを引用してるだけだから、妄想を書き連ねてるわけじゃないだろ別に。読点がまるでズレてるな、読解力ないだろ疾風迅雷

69 三ツ星の考察ハンター

書き方の問題って言いたいんだろ
カッコつけて脚色したってクセエだけだぜって言いたかったんだよ

神経質だから具現化系だろ

70 三ツ星の考察ハンター

ネテロ自身、メルエム相手に
ゼノと2人で
挑んだ所で勝てないことは
薄々気づいていたのでは。
始めから薔薇を使う程で
出向いている為に無駄な犠牲は
避けたんぢゃないだろうか、

71 サラン

薔薇には毒があるからゼノがあそこにいたらゾルディック家終わってる

72 三ツ星の考察ハンター

王と護衛の分断に巨額を払った訳だから
ゼノなら護衛全員を相手にしても分断出来るとネテロは踏んでたんだろうな

73 三ツ星の考察ハンター

は?んなの死にたくないからに決まってる!

74 ゼノを応援している人間

おいおい、みんなゼノをバカにしすぎだ

75 三ツ星の考察ハンター

1対1と1対2じゃ全く違ってくるだろ 百式だけでも相当なハメ技になってたし2人係りなら勝てたかもよ ネテロがピンチなときにゼノがカバー、ゼノがピンチなときにネテロがカバーみたいな感じで ネテロにとっては分断以上の巨額になるしゼノも死ぬかもしれないから2人係りが成立しなかったんじゃないの?

76 三ツ星の考察ハンター

ゼノはただ淡々と仕事人である。その説明だけで十分だな。

77 護衛の分断

護衛の分断までが仕事だから
ゼノのその後のネテロの強さ説明のシーンといい興味深い
ネテロは最初から王と1対1で決着するつもり
ゾル家は暗殺業で便利屋ではない
ネテロと長年知人とはいえこんな死地に赴く様な
割に合わない仕事は本業でもないしいくら巨額であろうが請け負う義理もないはず
それにも関わらず対等ではない立場
なぜ対等でないのか?
どうやら同年齢のゼノの爺さんが喧嘩して(恐らく依頼でネテロ暗殺に出向いて)
殺せなかった唯一の人間という事実が(ゾル家史上の例外)
ゾル家にとってネテロを特別視せざるを得ない理由になってると推測
しかも今回がネテロと初めての仕事ではなく複数回同行してる
だから勿論百式観音も承知済み
護衛の分断というミッションはネテロ同様
ゼノにとっても死地に赴く可能性が高かった仕事
(クロロの暗殺依頼されてシルバと組んだミッションより難易度が高い)
シナリオの難易度も最も高いものから低いものまで差があり
尚且つ暗殺ではなく分断(対象の始末から足止めまで)という幅のある仕事
それに加え対象一体の戦闘力がゼノと互角以上格上なので(ゼノ=護衛と仮定しても)
いくら巨額で依頼されても死ぬ可能性が非常に高くどうみても割に合わない
最悪のシナリオは王の側にに3人の護衛がいた場合
一人で護衛3人の足止めをしなければならない可能性も十分にあった。
まして王がひとのこと

78 護衛の分断

続き
まして王が人の言葉に従うとは限らず
そうなれば足止めどころか宮殿で薔薇の巻き添えの可能性もあった
蓋を開けてみればモラウたちの頑張りと
ピトーの悪手でゼノの分断の役割をネテロが代行して
且つ王が人の要求に理解を示すという運に恵まれたので
結果的に目的地までドラゴンで運ぶだけという容易な仕事だけで事なきを得た
まあ最後チードゥに付きまとわれたけど

79 三ツ星の考察ハンター

ネテロとの契約があくまで護衛軍とメルエムの分断までだったから、に尽きると思う
仮にあの場で他の護衛軍が間に合って、なおかつ戦意を示したら戦ってただろうな
ゼノは仕事以外のことで自分の命を危険に晒さないだろうし、人も殺さない

あとはネテロの事情を汲んだっていうのが個人的な意見

80 三ツ星の考察ハンター

そりゃー、ネテロ+ゼノとメルエムが戦って、どっちが勝っても後味悪いだろ
ネテロ側が買っても、ゼノのサポートがいたから勝てたとか叩かれるだろうし、
メルエムが勝つということは、ネテロの全滅し、この先出てこなくなるということだから、読者ゲンナリだろうし
ネテロvsメルエムにして、かろうじてメルエムが勝つってシナリオが答えだったんだろうな
そもそも、心臓にバラが埋まってるのに旧友を自爆覚悟の戦いに巻き込まないだろw
ゴンさんが会長になって、フリーザと戦うことになった場合、キルアに一緒に死んでくれなんて言えない

81 密室遊魚に噛まれたハンター試験受験者

ドラゴンヘッド出す時のナレーターが確か、「ゼノが念にわずかな稚気すらこめなかったのは、メルエムへの敬意か、それとも…(恐怖か)」
のような内容を言ってたはずです。

恐怖か、の部分は作中に書いてないからあくまで僕の想像なんですが、これが言える理由ももちろんあります。
シルバが迎えに来たときに、怪鳥の上でゼノが自分も心滴拳聴にあったことを話しますよね。それまで、降りてから迎えに来てもらうまでゼノ本人が心滴拳聴にあった描写はされていませんが、ピトーにコムギを任せた王が悠然とネテロとゼノの間を通過するときに、2人は死を感じます。このときにゼノには恐怖が宿ったと考えるのは妥当でしょう。

ゼノがメルエム戦に同行しなかったのは、ネテロが所望したのが護衛軍との分断のみだったから、と考えるのがスムーズですが、
仮にあの場でネテロがゼノに同行を依頼し(もちろん追加金は出すとし)ても、ゼノは怖くて行けなかったでしょうね。

82 三ツ星の考察ハンター

ゼノは個人的にめっちゃすきだから役にはたってほしいかなー

コメントを書く

トピックの内容と関係のないコメントは削除の対象となります。
場合によっては、該当のユーザーを規制させていただきますのでご注意ください。

コメントを残す



このトピックにいいね!

あわせて読みたいトピック