変化系と具現化系の念能力者の違いを考察

変化系と具現化系の念能力者の違いを考察

0 三ツ星の考察ハンター

例えば、変化系念能力者がオーラを電気に変化させることと、具現化系念能力者が電気を具現化させることに違いはあるのか。

12件のコメント

1 三ツ星の考察ハンター

これな。
電気に変化させることと、電気を具現化させることに違いはない気がする。
しいて言えば、変化系は一般人には見えなくて、具現化系は一般人にも見える(見えなくさせることもできる)ということくらいだろうか。

2 三ツ星の考察ハンター

キルアは電気を具現化しているという説。

3 三ツ星の考察ハンター

具現化系は物質を作る。
変化系は材質を作る。
って何かで見た記憶があります。

4 三ツ星の考察ハンター

バンジーガムもガムとゴムを変化しているのか、具現化しているのか。
どっちでも実現できる気がしてきた。

5 三ツ星の考察ハンター

例えば、水を具現化させるのと、水に変化させるのとで何が違うの?って話ですよね。
具現化系だとしても変化系だとしても、水に対して特殊な能力をつけることは可能なので違いがわからないですね。

でも、シズクのデメちゃんは具現化系でしかできない(変化系で掃除機は流石に作れませんよね)ことを考えると、より形状がしっかりしているものだったり複雑なものは具現化系でないと難しいということなのでしょう。

6 三ツ星の考察ハンター

変化は性質、具現化は物質
具現化(物質化)した電気って具体的に何を指しているんだ?

7 三ツ星の考察ハンター

結果としてオーラから電気を発生させるのだから同じ。
オーラで電気を発生させるのは変化系の管轄であるが
隣り合っている系統だからこそその堺は曖昧なのだと思う。

基本何系の能力者であろうと誰でもオーラで電気を発生させることは可能であるが
変化系能力者は電気への変換効率や技への応用が得意で
具現化系は追加効果をつけるのが得意
こんな感じだと思う

8 三ツ星の考察ハンター

具現化系は物質
変化系はオーラだからエネルギー
エネルギーは仕事をし得る能力でありそこに存在する『物』ではない
言うなれば変化系は現象
例えば
バンジーガムはガムやゴムではなく物を引っ張る応力だし
電気は電子自体ではなく(電子の)流れ

電気の話は仮に物質化で電子が作れるとするならば具現化でも電気は出来るってとこか
その場合
変化系はエネルギーとして直接に電圧を能力で作りだす
具現化は電子を能力で物質化することで電位差を生み電圧にする

違う原理で同じ効果が起こせたとしても疑問には思わない
効率の優劣はあると思う

9 キルア最強だ!

変化系はオーラを変える具現化系はものを作る?みたいなことだと思います。

10 三ツ星の考察ハンター

具現化系でも能力をつけることは可能ですよ。
というか、それが真骨頂でしょう。
クラピカの鎖、シズクのデメちゃん、カイトの気狂いピエロとかが良い例。

11 三ツ星の考察ハンター

系統で分かれているのに、物質が材質かの違いだけっていうのも違和感あります。
かと言ってそれ以外の違いが見つからないのですが。

12 三ツ星の考察ハンター

変化系能力
マチ:念糸(糸)
ヒソカ:バンジーガム(ガム、ゴム)、ドッキリテクスチャー(様々な質感)
ゼノ:ドラゴンヘッド(エネルギー(?))
ビスケ:マジカルエステ(ローション)

具現化系
クラピカ:鎖
シズク:掃除機
カイト:鎌とか銃とか
カストロ:人体

変化系と具現化系で大きく異なるのは物体として決まった形があるかないか、という点かも。
流体は変化系、固体は具現化系というイメージ。

コメントを書く

トピックの内容と関係のないコメントは削除の対象となります。
場合によっては、該当のユーザーを規制させていただきますのでご注意ください。

コメントを残す



このトピックにいいね!

あわせて読みたいトピック