ヂートゥの考察

ハンターハンターの登場人物であるヂートゥの強さや系統、念能力、名前の由来などについての考察を7件まとめています。
Huncyclopediaのトピックへコメントをして、あなたもヂートゥの考察・議論へ参加しましょう。

ヂートゥのランキング

ヂートゥの新着トピック

ヂートゥに関連するキャラクター

ヂートゥについて

念能力

サバンナの念空間(仮称)

対象者と自分を野球場程度の広さを持ったサバンナの念空間に閉じ込める能力。発動条件は対象者に触れること。
外へ出るには空間中央に設置された砂時計が計る8時間以内にヂートゥに触れなければならない。ヂートゥも発動中は攻撃ができない。一度でも解除されるとヂートゥはこの念能力を失ってしまう。
王宮周辺でモラウに対し発動したが、煙で作り出されたモラウの偽物に気を取られている間にタッチ(解除)されてしまう。
長い制限時間の能力に関わらず、ヂートゥは集中力に欠ける性格のため相性が悪かった。モラウもこの能力は「脚力の戦い」ではなく、「心の削り合い」だとしている。

ボウガンとクロウを具現化する能力(仮称)

具現化系の念能力。
右腕にボウガンとクロウを創り出す。サバンナの念空間においてモラウに触れずに攻撃するために、即興で作った。ボウガンはヂートゥの移動スピードよりも遅く、モラウにも指摘されていた。クロウについても、接近戦用の武器であるため相手に触れられると解除される「鬼ごっこ」の能力との相性が悪い。

紋露戦苦(モンローウォーク)

それまでの能力に加え新たにプフから授けられた能力。ヂートゥ曰く、かなり凄い能力であった様子だが、発動する前にシルバに殺されてしまったため、どのような能力であったのかは不明。

参照元:wikipedia

MENU
キメラアント