シャルナーク=リュウセイ(SYARNORKE RYUSEIH)の考察

ハンターハンターの登場人物であるシャルナーク=リュウセイ(SYARNORKE RYUSEIH)の強さや系統、念能力、名前の由来などについての考察を27件まとめています。
Huncyclopediaのトピックへコメントをして、あなたもシャルナーク=リュウセイ(SYARNORKE RYUSEIH)の考察・議論へ参加しましょう。

シャルナーク=リュウセイ(SYARNORKE RYUSEIH)のランキング

シャルナーク=リュウセイ(SYARNORKE RYUSEIH)の新着トピック

シャルナーク=リュウセイ(SYARNORKE RYUSEIH)に関連するキャラクター

シャルナーク=リュウセイ(SYARNORKE RYUSEIH)について

念能力

携帯する他人の運命(ブラックボイス)

自作の携帯電話のアンテナを対象者に刺すことで操作する。アンテナは2本ある。
付属のコウモリ・ドラキュラ型アンテナを対象者の体に刺せば操作でき、アンテナが抜けるか対象者が死ぬ(シャルナーク曰く「壊れる」)と操作は解除される。遠隔操作(リモート)、自動操作(オート)の両方の操作が可能。携帯電話のディスプレイで、操作対象の状況(視界など)を確認することができる。

自動操作モード

アンテナを自分に刺すことで、自分自身を操作する。オーラがはね上がり、自動で敵を倒す。完全な自動操縦で、モード中の記憶も消える。また反動が大きく、モード解除後はまともに動けなくなる。使った後の反動が大きいことや、モード中の記憶が無いので達成感がないという理由から滅多に使わず、本当に追い詰められたときの最終技である。

参照元:wikipedia

MENU
キメラアント