ハンターハンターの新着コメント

新着コメント

自分だけのオリジナルの念能力を考案
歪んだ強化系能力を考えたい 2022/05/16 09:14

具現化した小刀から変化系オーラの刀身を作り出し、オーラ刀は陰でリーチを誤魔化す

酸性のオーラを纏い、生物を溶かすとその生物に命令を聞かせる。溶かした程度によってできる命令の有益性が上がる。

小さなボウガンを作り出し、オーラの変化糸で矢尻を自身に連結させる。矢は能力ではなく、手動で自身のところまで巻き戻せる。具現化させた時間内で発射した矢の回数によって威力が上がる。
矢は、固定矢と爆発矢と貫通矢の三つがある。

自分だけのオリジナルの念能力を考案
ひまな放出系研究家 2022/05/15 15:37

1.人形に放出系の念を込めて実質的な命を宿らせる能力
自身が死のうが動く
感覚は円を用いて働かせる
時を経るごとに動作精度やパワーは上がる
綿が見えるとオーラが抜け出て、40%以下になると気絶
その後5分以内に持ち主のオーラを込めないと人形は死ぬ
人形は、ある程度自身が受けた傷を修復可能

2.砂を操る。これも恐らく放出系を主軸で運用できるだろう。砂かっこいい。

3.予め契約しておいた者の魂のコピーを自身のオーラで精製し、いつでも使役させる。霊者自身の意志は死んだ当人のものではない。あくまでコピー。自分は霊者が滅びようが記憶を共有している。契約対象が特質系である必要がある。

自分だけのオリジナルの念能力を考案
三ツ星の考察ハンター 2022/05/15 11:44

星の瞬きに導かれて
スターライトパレード(放出系)×(変化系)

カテゴリーは相互協力型、変化系の術者と放出系の術者がタッグを組んで繰り出すジョイントタイプ。能力概要、まず放出系術者がオーラのポイントを空中に打つ。これは実際の星座の配置と類似しており、色んなパターンが存在。次に変化系術者がオーラのラインを引き、点と点を線で繋ぐ。

点と点が線で結ばれると、星座のモデルとなったシンボル(黄道十二宮)がオーラによって象られて出現。放出系術者のコントロールの元、自在に操れる。星座の形次第で、出現したオーラの特性が変化。二人の術者が揃って発動する念である為、制約は互いの命が失われると能力は使えなくなり、誓約によっていついかなる時も、互いの命を護り合う、固い協力関係が結ばれる。

自分だけのオリジナルの念能力を考案
三ツ星の考察ハンター 2022/05/15 11:43

幾星霜の時を経て
サウザンド・クロス (変化系)

何度も何度もオーラを編み込む事で繊維の形状にオーラを成形する。網の目のように精緻な密度で結集されたオーラの衣。時間を費やすという制約で完成。防御力は図り知れず、大抵の物理攻撃は無効化出来る。食らったダメージに応じてオーラの衣は表面がほつれていくので、その度にまたオーラを編んで修復し続ける。

自分だけのオリジナルの念能力を考案
三ツ星の考察ハンター 2022/05/15 11:42

燃えたぎるのは性 (強化系)
バーニングディバイド

油にオーラを充填させておくチャージ制約で、爆発的に火力を増大させる。油を塗った範囲に点火、自分の肉体に燃え移らせて、炎の拳や蹴りを見舞う捨て身の使い方も可能。焼身時に生じる火傷の痛みや苦痛に耐えると破壊力倍増(ザヨゴーッ!!)

火勢甚だ急なり (操作系)
バーンナップルール

炎をコントロールする。炎を煽る大きな団扇を操作ツールとして用いる。風向きの影響を受ける、ある程度火力をコントロール出来るが、自然の風はどうしようもない。

自分だけのオリジナルの念能力を考案
三ツ星の考察ハンター 2022/05/15 11:40

人を殺すこと挙ぐるに能はざるが如く、人を刑すること勝へざるを恐るるが如し
(殺人如不能挙、刑人如恐不勝)

読みはそのまま(操作系)でカテゴリーは半強制型。検挙した相手の自白を引き出すという発動条件で、操作ツールで用いるボイスレコーダーを使い半落ちでも取っておく。取られた相手の背後には術者の念獣が出現、相手にだけ聞こえる声で囁き続ける。泳がせるもよし、精神的に追い詰める用度でも使える。

ジグ=ゾルディックがガス生命体アイを持ち帰った説について考察
三ツ星の考察ハンター 2022/05/15 01:14

私のカキコは25だよ。
矛盾のない想像だから十分に検証してみてくれ。

>封印することに成功していた
>自分の死体
つまりジグが生贄として死ぬように協会が依頼しジグが自死したと?
それをたまたま幼年のアルカが掘り当てたと?
なかなか無茶な仮説だが、まぁ対処法としては間違っていない。
秘密を知られず、お願いされず、人から隔離し閉じ込めておくのが最善であるのはシルバもジンもトッコウも共通理解している。

>少なくとも、協会の人間の知り合いが死ぬ事態よりも、マシなんじゃないだろうか?
願い次第では人類は即刻滅びるのにマシもマシじゃないもないだろう。
関係者の少なさは問題ではない。
その場合は少しでもすれ違ったことのあるような人間から死ぬだけだ。

>ゾル家にそれが生じる蓋然性
イルミほど邪な野心はなくとも、シルバもゼノも対処法が確立されたら殺し道の範疇で使おうとしていた。
それは割を食っていたゾルディック達陰側のバランスを大きく歪める、均衡を崩す行いだ。
協会として到底容認できないだろう。
察知できる仕組みがあったとしてもナニカの力を使えばまったくの無意味だ。
できるならネテロ達が管理した方がいいに決まっている。
それをしなかったという事は持ち帰らされた災厄が誰に憑いているかわからなかったという事だろう。

以上、協会がゾル家にガス生命体を預けた場合の矛盾点だ。

防御にもオーラを割かないといけない変化系能力者の燃費の悪さについて考察
三ツ星の考察ハンター 2022/05/15 00:37

おう翁久しぶり。
反論形式だと比較的まともな文章になるな。
その調子で頼む。

さて、オーラの役割の選別技術について。
他トピックでも扱ったがこれは変化系能力の一種だと私もあたりをつけている。
例としてわかりやすいのが、同じ念弾を攻撃と移動で使い分けているブロヴーダだ。
同じ能力でも攻撃するか移動するか意志一つでオーラの役割を変化させる事が出来る。
いずれゴンもパーで同じことができるようになることだろう。
ここまでは翁の意見と相違ない。

だが翁は都合よくトピックの主題を無視しているが、この説の最大の瑕疵は、未熟でもない熟達の使い手であるゲンスルーが反動ダメージを受けているという事だ。
単なるオーラの操作技術であるのなら、ゲンスルーが反動を受けるのはおかしい。
この問題を避けて仮説をこねくり回すのは誠実ではない。

そこで私は仮説として「火薬の反動は制約である説」を提唱する。
カウントダウンという破格の能力の威力を最大まで高めるためには攻撃対象から自分を除外する事が出来なかったのではないのだろうか。
リトルフラワーがカウントダウンありきの副次的な能力であるとすれば、同じ制約をリトルフラワーが負っている理由になるだろう。

しかしこの仮説にも瑕疵がある。
それはビスケの能力予測が正確すぎる事だ。
攻撃の反動がオーラ共通の現象であるならば、ビスケの予測は経験則に基づく断定であり正しい。
ビスケの口ぶりからもそういう風に聞こえる。
しかし反動が制約でリトルフラワー特有の現象であるのなら、ビスケは伝聞のみで能力を看破し、確実でもない命賭けの攻略法をゴンに伝授している事になる。

あるいは、トピックにもあるように変化系特有の現象なのだろうか?
キルアが電気の痛みに耐える必要があるように、変化したオーラの作用は修正が難しいのだろうか?
具現化と違い、千変万化に変化するバリエーションこそが変化系の本領だと思っていたのだが。
ヒソカなどはガムで壁走りをする際に、器用に壁にくっつくガムと足にくっつくガムの粘度を使い分けている。

やはり疑念は解消されない。

ジグ=ゾルディックがガス生命体アイを持ち帰った説について考察
長文翁 2022/05/14 23:15

>>43
儂の書いた>>42。すげー長いけど、全部読んだの?

>よくこんな一見して矛盾だらけの説をおもしろがれるな。

…矛盾とは? 具体的に。

>ジグが存命し暗黒大陸に冒険に行ったのが数十年前。
>アルカが生まれ、ナニカの存在が発覚するのが数年前。
>ゾル家はナニカの存在も対処法も知らず放任して育て、

ジグが全てのナニカ(アイ)の秘密を知られることを恐れて、封印することに成功していたんじゃないか?

例えば自分の死体にアイを入れて、ずっと誰にも話しかけられることの無い暗室に眠っていたとすれば。
他の家族が知らなかったとしても、まあ不思議はない。
ガス生命体アイの異名は「欲望の共依存」。人間の欲を待ち構えている。ゾル家の誰も、掘り当てないのが最善。
アイについて知らないことが最良。

>(ゾル家は)無闇矢鱈と災厄を振りまき、願い次第では人類は滅亡していた。

アイを持ち帰ってしまった協会。その攻略法も解らない。
もしもあなただったら、どうする?

資料、第 31 巻、P52。イルミによる仮説をヒソカは聞く。
『二人よりも犠牲者が多い場合は(中略)失敗した人と長い時間を共に過ごした人(の)順に死ぬ』

無限に大量に犠牲者が出る訳ではない。
隔離された世界で慎ましく暮らしているゾル家の関係者の知り合いは少ない。
少なくとも、協会の人間の知り合いが死ぬ事態よりも、マシなんじゃないだろうか?

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*〜*~*~*~*~*~*~*~*

>キルアという対処法を知った後でも、殺し道からすら外れた邪な野心のために、傀儡化して使おうとする始末なのに。

確かに! しかしね。

イルミの様な邪な野心を持つ人間。
これは世界には、そして協会には当たり前に居るだろう。

しかし…ゾル家にそれが生じる蓋然性。これはどうだろう?
一般社会と比べたら、遥かに低いと言えるんじゃないか?
だって、有名な。特殊な職業を継承している一家。浮き世とは違う観念で生きているんですもの。

それに。
ゾル家がアイの力を利して私欲を満たそうとする場合、ネテロの(差配で、その)配下が察知しやすい仕組みが有ったりして?
その(この場合はイルミの私欲の)規模によるけど。そして具体的にどうするのかはさっぱり判らないけど。

ただ一つ言えるのは。そうなった時に、協会がゾル家を潰す…敵対するのは精神的には楽だ。
なぜなら潜在的にはゾル家は社会悪の権化なのだから。

第 33 巻、No.341。厄災、の巻。

特別渡航・特務課の隔離施設内部に、アイの犠牲者はいても、アイそのものはいない。

ココにはいない方がいいんじゃない?
まだゾル家の中にほったらかしといた方が、マシなんじゃない?

…………………………………………余談だけど。

コウコクで、カキコの頭が一部、ところどころ見えなくなってる。儂のスマホだと。
まあしゃあないよな…

防御にもオーラを割かないといけない変化系能力者の燃費の悪さについて考察
長文翁 2022/05/14 21:58

>>130
あなた、まるで以前の儂みたいなコト書いてるね。
儂は今、儂にとっての新説、新しい仮説を検証しているところ。

>レイザー戦で砲身役のキルアが重傷を負ったりしたように、妙なところでエネルギーの反動が描かれるのがハンターハンーだがリトルフラワーはその最たるものだと思う。
>フランクリンなどの念弾使いはノーリスクで撃てるのに奇妙なものだが、彼らも砲身を同等の凝でガードしていたりするのだろうか?とてもそうは見えないが。

今回は一握りの火薬については書かずに、この漫画特有のオーラの物理現象、物理法則についてさわりだけ書く。

上の例にあるフランクリン。コレは簡単。
オーラ使いは、原則として自分のオーラではその肉体にダメージを受けない。
でも受けようと思ったら受けることが可能(これがややこしい)。

余談だが。
フランクリンの念弾は、敵を破壊しても、床や壁は破壊しないという現象が観察できる(第 8巻P188〜、第 9 巻、P9)。

――――――――――――――――――――――――……………………………………………………………………………………――――――――――――――――――――――――

レイザーが多大な攻撃の意思すなわち念を込めたボールを、身軽なNo.5(レイザー自身のオーラからできた念獣)が空中にいるにも関わらず、軽くキャッチして投げ返した。
ヒソカにとっては多大な害の有るレイザーのオーラも、No.5にとっては無いものと同じ。

○…ゴンのジャジャン拳・パー。
ゴンの体のオーラがすっからかんになるにも関わらず、パーを放った反動…コレを受けたゴンが全く後退りもせず、よろけもしない。

その理由。
ゴンの体は、自分のオーラから受ける反動を、自分の意思で選ぶことができる。

強化系の際だろうと、放出系の際だろうと。

反動の大きさ = 0%〜100%まで。
自分のオーラの技については、反動の大きさを任意で選べる。
毎回、その都度、感覚的に設定できる。

これが翁の、「自分のオーラの反動は任意で選べる仮説」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*〜*~*~*~*~*~*~*~*~

このサイトの他の人が教えてくれたことがヒントになった。
資料、第 16 巻、P133〜。ツェズゲラ、その他の大ジャンプ。

彼らは、湖の側の脆弱なはずの地面に足からオーラをぶつけて大ジャンプしている。
にもかかわらず、地面そのものは破壊されない。

仮に。
これがビルの二階だったらどうなるのか?

結論としては。
例えば強化系のフィンクスならば、二階の床を壊すことなく上に跳んで。
そして頭やパンチのオーラで二階の天井と三階の床を破壊して、(とりあえずは)三階(の高さ)に行けることだろう。

――――――――――――…………………………………………――――――――――――…………………………………………――――――――――――

○…ゴンの強化パンチでボールを殴る際、キルアの両手がゴンの攻撃オーラに曝された。そして大怪我。

この点に関しては、ゴンの強化系(或いは操作系?)のレベルが低く、敵と味方を選択するレベルに至っていなかった…と解釈するべきだろうか?
この仮説は無理がないと思う。

レイザーたちを場外までふっ飛ばすという強烈な害意で、右拳を分厚いオーラで膨らましてから、ボールを殴っている。
矛盾しないと思うがね。今回は以上です。
また別の、強化系や放出系を扱うに相応しいトピックを探して、そこに長文を書く予定です。

タイソンの守護霊獣の能力について考察
三ツ星の考察ハンター 2022/05/14 12:24

ジュリアーノのバースデーが祝われたのがイズナビの居ない経典読者だけの空間で行われたのが要点。
これは単にジュリアーノに幻覚を見せて洗脳し麻薬物質を与えているだけじゃないのか?
幸福とはとどのつまりそういうものだ。

カチョウの守護霊獣「2人セゾン(キミガイナイ)」の能力について考察
三ツ星の考察ハンター 2022/05/14 10:57

フウゲツの霊獣と同じくジョイントタイプで、フウゲツのオーラ供給で動くなら、フウゲツが死ぬまで一緒ってのは言葉通りの意味だろう。

主人公のゴンの人気が低い理由を考察
三ツ星の考察ハンター 2022/05/14 07:49

てかゴンはサイコパスじゃないしな。善悪に頓着がない子供ってだけ

暗黒大陸のリターンについて考察
三ツ星の考察ハンター 2022/05/14 06:31

犠牲が軍隊&協専ハンターだけで済むならそりゃメリットのほうがでかいだろうが、実際は人類滅亡のリスクの災厄を持ち帰らされるのだからまったく釣り合ってない。
判明しているアイだけでも偶々滅亡に至らない規模のお願いしかされてないからなんとかなってるだけで、一歩間違えばすぐにでも人類は滅ぶリスクを現在も抱えている。
キルアはもしかしたら災厄をコントロールし共生可能な初の人類なのかもしれないが、そんなほのぼのストーリーで終わるともまったく思えない。

クロロの念能力「人間の証明(オーダースタンプ)」がミルキの念能力説について考察
三ツ星の考察ハンター 2022/05/14 01:03

オートタイプは人形の視界依存
リモートタイプは術者の視界依存
それだけのこと

幻影旅団がブラックホエール1号へ乗船している理由について考察
三ツ星の考察ハンター 2022/05/13 21:55

>>13
>その上スパイを入団させてさらに仲間を殺されましたでは残念が過ぎる。
すでに残念なミスをしているので、ミスを重ねてなにがおかしいのか。
間違った戦略をとることと、戦略が間違うのは同じではない。

>乗船前からヒソカがレベル100に達している可能性が高い
その可能性は極めて低い。
モレナは部下の忠誠心を試すために殺し合いをさせ、その信頼に応えて能力を授けている。
ヒソカだけがイレギュラーである理由がない。

>もはや普通の念能力者ではヒソカの相手にならず、
どれだけ個の力が強かろうが念のコンビネーションの前には敵わないというのが継承戦編の一つのテーマ。
それだけの力をもらってはじめてヒソカは旅団と勝負が出来る土俵に立てる。
だから逆説的にヒソカはモレナ陣営にいるだろうという予測が立つ。

幻影旅団がブラックホエール1号へ乗船している理由について考察
三ツ星の考察ハンター 2022/05/13 21:42

>>12
>普通に考えりゃイルミはヒソカが3層以下にいると考えて始末するために残ったんだろ
ヒソカが3層以下にいると断定する根拠は?それを旅団に共有しない理由は?
カルトもイルミも旅団と違ってヒソカに恨みはなく自分の手で殺すことにこだわりなんて無い。
カルトの能力でヒソカの位置が3層以下にあると特定できているなら旅団に教えればいい。
そうすればカキンマフィアの手を借りる必要もない。
教えないという事は別の思惑があるという事。

>イルミがカルトを護りながら旅団にヒソカを殺させた方が効率いいよね?
旅団は散り散りになってるのでイルミはカルトを守りながらヒソカを相手にしなければならない。
リスクは高く、効率も低い。
付き合いも旅団よりヒソカの方がちょっと長い。
マネージャー契約をするフリも描かれている。
なによりクモの足を削ろうとするヒソカがわざわざ足を増やす依頼をする意味がない。

>モレナの能力って念能力者にも使えるんだ?
使えないなんてどこにも書いてないし、非能力者が条件を満たせば一瞬で能力者になれるのだからそれくらい出来てもおかしくない。
サイキンオセンは人を殺すとオーラの総量威力があがり独自の能力を発現する能力。
オーラの総量があがるから新しい能力を獲得できるんだろう。

そもそも発の所持数に制限があるなんて設定はない。
発の所持数は特質系を用いればいくつでも持てる。
クロロ、メルエム、ベンジャミンしかり。

クラピカの念能力「奪う人差し指の鎖(スチールチェーン)」の強さについて考察
三ツ星の考察ハンター 2022/05/13 20:34

>クラピカの絶対時間の寿命減りは設定したのではなく最初からあるもの

それはない。
「制約を設けても、体の負担が軽くなる訳ですらない…か」
とクラピカが言っている。
エンペラータイムの制約はクラピカ自身が追加で設けたもの。

解体屋ジョネスは念能力者だったのかを考察
三ツ星の考察ハンター 2022/05/13 19:09

2tの扉に2tの重量負荷がかかってないなんてそれこそ勝手な感想だ。
片手で楽々開けられる80キロのスチール扉と同じ構造をしてるならレオリオが200キロの扉に苦戦するわけがない。
そのレオリオが全力で押しても開かない扉なんだからそのまま十倍の重量負荷がかかってるんだろうと読解できるだろう。
摩擦係数を持ち出すなら2t以上の負荷がかかってる場合だってあり得るが、そんなめんどくさい表記をする理由もない。
力を試す門なのだからそのまま素直に2tの負荷がかかってると読解すればいいだけだ。

自分だけのオリジナルの念能力を考案
三ツ星の考察ハンター 2022/05/13 13:14

医食同源即ち肉食の掟
イーティング・イーチアザー

カテゴリーは肉体(強化系)発動条件はメルエムと同じ食す事で、食った部位と同じ部位を食った分だけ強化する。

眼球=視力強化、大腿筋=大腿部脚力強化、上腕二頭筋=腕力強化、骨=骨格強化、脳=知能強化、全部丸ごと完食=回復力促進。

各部位に応じた強化の恩恵、効果時間は消化されるまで、複数食った場合は効果が重複する。念が使えるレアモノの肉は更に強化倍率が増す。暗黒大陸に生息しているような、人外の肉を食った場合は、稀に予測不能の強化が発動する。

自分だけのオリジナルの念能力を考案
三ツ星の考察ハンター 2022/05/13 13:12

爪痕=トレイセス (変化系)

変化系能力としてはわりかちシンプルな能力で、引っ掻くと爪痕のようなオーラの痕が空中に伸びる。蛇行させるように伸ばして切断する攻撃や、応用技隠で不可視にしてトラップを張る用途も可能。臨機応変にオーラの形状は変更可能、切れ味もかなり鋭い。

彩指甲片=ツァイジージァ (具現化系)

ネイルチップを自作して爪に付けると発動、上の能力と併用可能で爪痕の性質が変わり、発火したり腐食したり、凍結したりする。

(制約)これと言って重い制約は特にないが、毎日爪の手入れを行いオーラを爪に集中させる基礎練習を怠らない事、具現化系スキルはネイルチップが戦闘で弾けとぶと使えなくなる。チップは全てお手製。爪痕オーラの延長距離は指の本数で変化、指の数が少ないほど長く引ける。

シーハンターのモラウが煙の念能力にした理由について考察
三ツ星の考察ハンター 2022/05/12 05:35

オーラを煙に変化させている変化系と間違うならまだわかるが、モラウが具現化系はありえない。

まず反証としてあげている煙の臭い。これはある。
宮殿突入前にナックルがメレオロンに一服を勧めている。
突入時にはボスが煙幕を張るから大丈夫だと。
つまり煙幕には侵入者の臭いを紛らわす効果があったという事だろう。
モラウは煙の臭いまで再現していた具現化系能力者だったのだろうか?
否、単に実際の煙を操作していたんだろう。

クラピカが操作系を偽装したように、お気に入りの道具を使うのは操作系の証。
制約とは実用を兼ねるもの。
操作にしろ具現化にしろ念は思い入れがあるものを使うもの。
タバコを嗜みもしない非喫煙者が煙を能力にはしないだろう。

ディープパープルは放出系への依存度がとてつもなく高いこと。
これを具現化系で使用するのはかなり無理がある。
同格の具現化系のノヴも遠距離にサインを残す時は神字を使っているが、モラウはそれがない。
ジンがゴンに残したテープのように神字には時間と空間を隔ててもオーラを保ち続ける性質がある。

キセルに火をつけた描写がないことと水中でも使えた事について。
これは少々都合のいい解釈になってしまうが、濡れても使用できる特殊なパイプだったのだろう。
火をつけた描写がないのも単に描写が省かれているだけか、つけなくても使える構造のパイプなんじゃないだろうか。
あれだけバカでかいパイプなのだから特殊な仕掛けがあっておかしくない。
元々モラウはシーハンターなので海上、海中での使用を想定しているのだから。

20巻、44ページ、
「すううう」
火こそつけていないがパイプを吸うオーラがモラウが描かれている。
これが実際の煙を吸っているわけではなく、吸ったふりをしているということなのだろうか?

23巻、147ページ、
「まず核となるオーラを発し… それを煙のオーラで覆うと」
ディープパープルの能力説明シーン。
これがモラウが実際の煙を使っているのかどうかの判断を迷わせる。
私はこれを、実際の煙を吸い、煙とオーラをブレンドした煙=煙のオーラとして吐き出していると解釈する。
つまり操作された煙だ。

防御にもオーラを割かないといけない変化系能力者の燃費の悪さについて考察
三ツ星の考察ハンター 2022/05/12 04:28

レイザー戦で砲身役のキルアが重傷を負ったりしたように、妙なところでエネルギーの反動が描かれるのがハンターハンーだがリトルフラワーはその最たるものだと思う。
フランクリンなどの念弾使いはノーリスクで撃てるのに奇妙なものだが、彼らも砲身を同等の凝でガードしていたりするのだろうか?とてもそうは見えないが。
硬パンチを必殺とするゴンも、敵に与えたエネルギーと同等の反動を自分も食らうので足腰にオーラを付与しておかないと自身のエネルギーでふっ飛ばされそうなものだし、そもそも全身をガードしておかないと体がボロボロになりそうな気がする。
あたかもレイザー戦で示された足のオーラの重要性のように。
だがそれをしていると完全な硬ではないし、硬パンチだけは都合よくオーラが攻撃にのみ物理的作用しているのかもしれないが、それに比べるとリトルフラワーの使い勝手の悪さときたらない。
リトルフラワーに100のオーラを費やすとしてゲンスルーは更に100のガードオーラを必要とするのに対し、相手は100のガードオーラを用意するだけでいい。
普通に200のオーラで殴った方が強くないか…?というのは連載時からの疑念だ。
ゲンスルーがゴンのはるか格上ということで成立してる話だが、何故こんな無駄な能力を覚え、さも必殺かのように使っているのか。未だもってわからないでいる。
カウントダウンが本命の能力で、オーラを爆薬に変化させる担当のゲンスルーが副産物として生み出した能力とでも位置づけるくらいしかないか。
にしてはそんなオマケの能力に対して脅威に感じすぎていると思うが。

コルトピの念能力「神の左手悪魔の右手(ギャラリーフェイク)」で具現化させたフェイクはコピーした後に自分達で痛めつけたのかを考察
とろろ一家 2022/05/11 16:23

幻影旅団ってみんな念能力隠してる。
ヒソカのドッキリテクスチャーとかみんな騙されてるし、コルトピ、自分のコピーとかしてそう。

自分だけのオリジナルの念能力を考案
三ツ星の考察ハンター 2022/05/10 21:34

六面界立方体シックスフェーズ
(具現化系)

ルービックキューブを具現化する。カテゴリーは具現化系複合型。時間縛りの制約あり、キューブの面の色に応じて効果が変化。応用技円の面積とリンク。

「赤面」レッドフェーズ
・キューブを完成させ、赤い面を地面に付けると、赤いパネルが拡がる。パネルのどれかは地雷になっており、踏んだらぶっ飛ぶ。

「青面」ブルーフェーズ
・キューブを完成させ、青い面を地面に付けると、青いパネルが拡がる。凍ったスケートリンク同様滑り、変化したオーラが凍結。用途に応じて氷の造形物も具現化可能。

「黄面」イエローフェーズ
・キューブを完成させ、黄色い面を地面に付けると、黄のパネルが拡がる。粘土質で粘着性もあり、へばりつく。めり込ませて獲物を捕縛する用途で使う。

「紫面」パープルフェーズ
・キューブを完成させ、紫の面を地面に付けると、紫のパネルが拡がる。毒々しい見た目で泡立っており、有毒なガスを含んだ泡を発する。

「白面」ホワイトフェーズ
・キューブを完成させ、白の面を地面に付けると、白のパネルが拡がる。このパネルが一枚のキャンバスで、描いた絵が立体的に具現化される、パネル上でなら操作可能。

「黒面」ブラックフェーズ
・キューブを完成させ、黒の面を地面に付けると、黒のパネルが敷き詰められる。黒い範囲は穴になっており、内部は念空間に繋がる。

第七番目の面界アウトサイドセブンス
(特質系)

事前に揃える面の順番を指定しておき、1分以内に順番通り面を揃える。ルービックキューブは七色の光を放ち、虹色のパネルが拡がる。パネルの上にいる間、術者は上記の色の面の効果を同時に使う事ができ、特質系になる。与えたダメージに応じて相手の何かを封印する効果を与える。

自分だけのオリジナルの念能力を考案
三ツ星の考察ハンター 2022/05/10 21:31

壷振り合うも多少の縁
バクダチョウハン

丁半博打を用いる。賽の目に応じて発動する強化が変化。系統は強化系、「丁か半か」と言って壷に入れ、地面に叩き付ける。「さぁ張った!!張った!!」からの「勝負!!」という掛け声で開帳。

賽の目に応じて固有の強化が発動、偶数の丁=肉体強化、奇数の半=自分以外強化。
「ピンゾロ」は爆発的なオーラが集中し、飛躍的に力を高める。

ピンゾロ(1,1)
サンミチ(1,3)、(3,1)
グイチ(1,5)、(5,1)
ニゾロ(2,2)
シニ(2,4)、(4,2)
ニロク(2,6)、(6,2)
サンゾロ(3,3)
グサン(3,5)、(5,3)
シゾロ(4,4)
シロク(4,6)、(6,4)
ゴゾロ(5,5)
ロクゾロ(6,6)

数は確率が低い、少数に近いほど強化倍率増加。制約で、張った出目が違った場合、出た目の数だけの時間、能力が使えなくなる。最悪ロクゾロだと(6,6)66分間の使用制限。

自分だけのオリジナルの念能力を考案
三ツ星の考察ハンター 2022/05/10 16:35

お肌の曲がり角
ヌードエンジェル
放出系

相手を回転させることで相手の纏うオーラ無力化する能力

条件
対象に興味を持つこと、対象に触れることで条件達成
 条件達成すると帯状の念(厚みはほぼなく幅17㎝長さ1.5~2mほど)が自分の手と相手の腰を繋ぐ

能力
相手が反時計周りに回転することで発動
触れた時点の向きを0度として、反時計周りで回転する(角度が増える)ごとに
 相手の纏うオーラを放出させる
 放出するオーラの半分ほどが帯に溜まり帯が長くなる

対象のウエストの太さで放出するオーラの量は増減する(太いほど放出が増える)
 (常時「堅」をしている対象がウエストが67センチ(平均)の場合、だいたい1080度(3回転)で対象のオーラが全てなくなる) 
対象へ興味や好感度があればあるほど放出させるオーラは多くなり、帯の強度があがる 
 興味が薄まると逆に放出が少なく、帯も脆くなる

帯を切断されると対象へ能力が発動できなくなり、帯に溜まったオーラが対象に戻る
 相手の帯を掴み、繋ぎなおすことで再度発動する(もしくはまた触れて新しい帯でつながる)
興味が薄れすぎると対象へ発動しなくなり、再度発動するにはまた興味を持つ、触れる必要がある

よいではないか
ヌードアングル
操作系

条件
ヌードエンジェルの発動後興味や好感度が頂点まで高まり帯を掴むことで発動する

能力
対象の脳から時計回りするための命令が出る時、同時に同じ部位に同じ角度分だけ反時計周りする操作命令が対象に行く(結果一瞬止まる)

自分だけのオリジナルの念能力を考案
三ツ星の考察ハンター 2022/05/09 13:04

王権紛う事無き (操作系)
マジェスティックワンド

重要文化財クラスのワンド(王が持つ錫杖)を操作ツールとして使う。カテゴリーは強制型、ターゲットはVIPクラス限定に絞った支配能力。(一般庶民には使えない)

ワンドを額に当てて命令するプロレス、アホな指導者も一発で言いなりに出来る。支配された相手は「イエス!!ユアマジェスティ!!」と叫んで術者を王として敬う。

制約、王権を手中に収める必要があり、王としての権限を失うとワンドが使えなくなる。また、誓約により、臣下の進言は無下に出来ず、王の資格がないと言われると、能力は強制的に使えなくなる。

自分だけのオリジナルの念能力を考案
三ツ星の考察ハンター 2022/05/09 13:01

黄金律、ゴールデンスケエル

能力系統、(放出系)金箔を貼る事で発動。金沢の金箔職人レベルの技術力が必須、金でコーティングした物体はオーラが付与され、強度、ステータス共にUPする。武器や装備一式だけでなく、肉体にも貼り付けられる。

制約は金箔でコーティングする事前段階で、金にオーラをチャージして金箔を叩いて整形し、1ヶ月ほど寝かせておく。ゴールデンハンターが修得した念って設定なので、術者の金に対する執着はかなり強い、能力で使えるのは自身で入手した金限定、能力で使った金箔は大概剥げる為、金を使い切るという心構えも必要。

ハルケンブルグの守護霊獣の能力について考察
三ツ星の考察ハンター 2022/05/09 06:08

冨樫の謎掛け挑戦状、ハルケンの3度目のオーラの鳴動は誰を攻撃したものなのか?

まずは状況を整理しておこう。
一度目の鳴動はモモゼへの黙祷。ハルケン陣営の誰一人自覚する事なくオーラ量のみをジョイント効果により強化し高めた。
二度目の鳴動はシカクへの攻撃。ナスビとの問答で腹をくくり霊獣のサポートによって覚醒したハルケンの弓矢の能力による攻撃。
三度目の鳴動はルズールスの部屋の眼の前でシカクが拳銃自殺するのと同時に行われる。
この鳴動をクラピカは放出攻撃によるものだと認識しており、強化の祈りだけではなく放出の弓がどこかへ向けて撃たれたものだと示されている。
4度目の鳴動はビクトへの攻撃。余談だがタックルシールドは変化系能力で硬質の盾状のオーラを展開する能力だと予想している。

さて三度目の鳴動だが、結論から言うと弓矢で撃たれたのはライスという人物である。
ライスとはシカクの訪問でインターフォンに出た人物で、唯一この人物だけが隣室のハルケン達から立ち位置が特定できた人物なのだ。
シカクの「ベンジャミン王子万歳!」の発声と銃撃音。
これはハルケンたちにインターフォンの前に人がいるというタイミングを知らせるための合図だった。
一見してただの能力検証と無駄な撹乱のためにシカクを使い捨てたと思われる一連の行動も、真相を知ればなるほどハルケンらしい合理的戦略が見えてくる。

ライスはシカクの拳銃自殺を目撃し驚きよろめき倒れる。
護衛者にしては随分な驚きようとは思わないだろうか。
これは実は弓矢の攻撃を受けた衝撃で倒れたのであって、シカクの自殺はその不自然な状況をカバーするためのアクションに他ならなかったのだ。

バルサミルコに探れと指示されたカンジドルは果たしてこの真相にたどり着くことは出来るのか?
乞うご期待。

王位継承戦の王子護衛の強さについて考察
三ツ星の考察ハンター 2022/05/09 05:25

自らが与えた力によっていずれ押しつぶされる事になるかもしれない。
これに対してクラピカに切り札はあるのか?あろうはずもない。
というビルの懸念。

このアンサーとして考えたのだが、クラピカはスチールチェーンと同時に隠を使ってジャッジメントチェーンを念講習者に打ち込んだのではないだろうか?
そうであれば、万が一講習生達と敵対した時にクラピカは生殺与奪を握る圧倒的アドバンテージを有している事になる。
ジャッジメントチェーンの発動条件は恐らく、対象者の前で条件を宣誓する事。
寿命の条件を増やしているだろう事から、宣誓はジャッジメントチェーンを撃った後でも恐らく成立する。
その宣誓条件に対象者が誓ったりする必要はなく、クラピカが宣言し対象者が聞くだけで条件を満たす。

凝の使える監視のいない密室での出来事だった事が大きな根拠。
あれだけ面倒な段取りを踏んだのは冨樫からの謎解きの挑戦状のようなものだろう。
念を覚える外方の説明のためだけにあれだけのページを割く必要があっただろうか?
継承戦編は他にもサイマジョの正体や、ハルケンの攻撃の謎など多くのミステリー要素が散りばめられ、そのせいで冗長にも思える情報量になっている。

唯一、凝が使えるだろう受講生のサイマジョの使い手もクラピカの前で凝をするような事はしないだろう。

反証としては、もしも心臓に鎖に巻き付いているのがバレたらクラピカの信用は地に落ち、同盟などは破綻し窮地においやられてしまうリスクを抱えた作戦である事。
もしもジャッジメントチェーンがボマーのカウントダウンと同じように、条件を満たさない限り不可視不存在の能力だったらそのリスクは低減するが、そこまでの性能は期待できない。
ただ、心臓にある隠状態の鎖を看破できる方法もまたそうないだろうとは思うのでそのリスクは低いだろうとは思う。
レオリオのソナーなどを用いればもしかしたら知覚できるのかもしれないので、果たしてクラピカがそんな賭けを実行しているかどうかが懸念点。
それだけの勝負をしなければ切り抜けられないであろう窮地ではあるので、そうである可能性は高いように思えるが。

冨樫先生のハンターハンター連載再開と休載の最新情報
念料理 2022/05/09 04:58

『カコミ(ライン)ク(ルーラ)』
ドラミクエスト(幸せの確率)

『だれが(念)』=『いつ(過去)』=『どこ(未来)』=1≠0
『距離(念)』=『速さ(過去)』=『時間(未来)』=1≠0
『意識(感情)』=『自然(速さ)』=『物語(時間)』=1≠0
『漫画家(friendlight)』=『みんな(starの龍脈)』=『芸能人(絶対のpower)』=1≠0

念三世(エネル)
『目的』必至高
特質系誰もが全ての
グンギ(グリードアイランド)を『プレイ』できる、『状態』がある。
ゲームの『初めの資金』は、『本当の味』を描ける事。

自分だけのオリジナルの念能力を考案
三ツ星の考察ハンター 2022/05/08 11:15

あの巨星もやがて墜つ
フリーフォールダウン
━━━━━━━━━━━━━━━━

能力系統(強化系)カテゴリー肉体強化タイプ。受け身を取る事で発動、落差を利用して、より高い高度から受け身を取ると、技の破壊力が上がる。

落下速度が増し増しになるので、頭を地面に叩きつけて脛椎をへし折る柔道技や、落下して潰すプロレス技との相性が非常に良い。高さ30mからの受け身で、約時速90キロ。技の使用時加算される。

決死戦線3秒前
スリーカウントエンド
━━━━━━━━━━━━━━━━
能力系統(変化系)固め技に移行した時に発動する。この能力は自分のPOPが半分以下になり、相手がある程度ダメージ食らってグロッキー状態にならないと使えない。固めの体勢に入って「ワーン、ツー、スリー!!」とカウントを数えると、術者のオーラが楔型に展開して、対象者の四肢を地面に深々と穿ち付ける。

ハンターハンターの蠱毒について考察
三ツ星の考察ハンター 2022/05/08 02:19

>13
ナスビの守護霊獣はハルケンのと違って描写されていないし、ナスビを守ったのは守護霊獣ではなく儀式の力とナスビ自身の口から明言されている。
ハルケンの守護霊獣がハルケンの自死を防ぐのは当然。

レオルの念能力「謝債発行機(レンタルポッド)」で借りた念能力は100%使いこなせるのかを考察
三ツ星の考察ハンター 2022/05/08 01:32

37巻相当のハンターハンターを読み返していたらあるセリフがひっかかった。

クラピカ「能力の系統は本来他人には決して教えてはいけないトップシークレット。私のようにどの系統か判別のつかない特質系ならば影響は少ないが。」

特質系だと判明している時点で系統の判別はついてるはずだがクラピカは何を言っているのだろう…?
これは翁の提唱する特質系六性図位置自由説を真とすればすんなり理解できる。
特質系の補正位置は特質系の位置とは限らないとする説。
恐らく先天的な特質系は特質位置で後天的な特質系は元の位置から変わらずプラスして特質100%補正が付与されるということなのだろう。
本当にこれが真であるのなら私は冨樫の感性を疑う。
先天的特質系と後天的特質系とその他の系統に差がありすぎるじゃないか。
特に具現化と操作なんて80補正位置がまるまる空席になっていて偏りがひどい。
ならばはじめから6でなく5性図にしておけばよかったのに。

このようにゲームバランス感覚の視点から到底容認できる説ではないと私は考えていた。
しかし、このクラピカのセリフを他にどのように解釈すればいいかわからない。
誰か特質系自由位置説以外の解釈がある人はいないだろうか。

しれっと単行本で直っている事を願うばかりである。

自分だけのオリジナルの念能力を考案
匿名 2022/05/07 14:28

ダイターン(光の中に完結する物語)

系統 変化系

自身のオーラを日光に変える。
発動中、術者の行動は制限されるが
幾つかの派生を使用出来る。
同時使用は出来ない。

日輪
自身を太陽とし、極限に発光させる。
他者は術者やその付近を直視出来ないが
術者はその場から動く事も出来ない。

日攻
自らの発光するオーラを
自身の身体の一部に集中し
光線を放つ。
光線に触れた相手の視覚に影響を及ぼし
視覚障害をおこす。
光線自体に殺傷能力は無い。

暁光
青がかった発光を行う。
この光に照らされた人間の
肉体的な回復力を高める。
また、この光を直視した人間の
精神を落ち着かせる。
暗所でしか発動出来ない。

日照
手のひらにオーラを纏い任意に
閃光を放つ。
閃光を見た相手の視覚を5秒間著しく
低下させる。
相手が術者の半径1m以内にいないと
使用出来ない。

自分だけのオリジナルの念能力を考案
匿名 2022/05/07 13:59

ダン・クーガ(ワイの門出は希望に満ちて)

系統 特質系

発動条件は個室から出る事。
発動した場合、発動から1日間のみ
発動者自らの運を高める。
個室に滞在する時間が長ければ長い程に
外出日1日の運を上昇させる。
運の最高値は生からの解放(死)である。
運の上昇値は発動者にもわからない。

自分だけのオリジナルの念能力を考案
匿名 2022/05/07 13:40

ダイモス(ホットな俺サマ)

強化系(放出、変化)

発動条件は能力名の宣言

自らの汗を冷却オイルに変え
自身の周りの空間(半径5m程度)の
外気温を35℃〜100℃まで調整出来る。
自身に熱意ある想いがあればあるだけ
外気温は上昇値が変化する。
35℃より下回る事はない。

自分だけのオリジナルの念能力を考案
三ツ星の考察ハンター 2022/05/07 12:35

ダイバージェント(具現化系)
不躾な密航者

カテゴリーは念獣タイプの念。一つ目の異形なモンスターの風貌で、ダイバーの酸素ボンベのうようなタンクを背負い尻尾状のチューブが伸びている。チューブの先は酸素吸入用のマスクになっていて、これを術者が口に着ける。チューブは伸縮自在、肺活量測定の時のように息を吹き込むと念獣は遠隔まで行くことができ、吹き込んだ空気量に応じて活動時間が変わる。逐一息を吹き込んでやらないと、念獣は酸欠になって死ぬ。念獣には色んな所に潜り込む能力があり、壁や床、相手の肉体にも潜り込める。

自分だけのオリジナルの念能力を考案
三ツ星の考察ハンター 2022/05/07 12:17

有無を言わさぬ強引なる導引
アイドマ・アサイン

能力系統(操作系)カテゴリー(強制型)Attention(注意する)、Interest(興味を持つ)、Desire(欲しくなる)、Memory(記憶する)、Action(行動する)というコマンドを相手に付与出来る。

操作に使うツールはスマートフォン。長年愛用したもので、乗り換えずに3年は使い倒した年季の入ったものを用いる。専用のアプリケーションを自作し、コマンド毎に画面を切り替える。同種のアプリケーションを相手の携帯端末にインストールさせると強制支配可能。

自分だけのオリジナルの念能力を考案
三ツ星の考察ハンター 2022/05/07 12:07

敏腕編集者の添削(特質系)
マスターエディター

能力概要は相手の能力を初期化して、再度能力を編集する特殊能力。覚えた念も、費やしたメモリも一度リセットして再取得出来る。能力カテゴリーは特質系共存型。制約が五種類あり、相手の同意が必須、相手の能力の説明を直接してもらう、直に発動を見る、能力使用後一年間自分は能力を使えなくなる、自分が能力を教えた相手が、他人に能力をバラした場合、この能力もリセットされる。

自分だけのオリジナルの念能力を考案
三ツ星の考察ハンター 2022/05/07 11:44

流球=ニライカナイ系統(放出系)

ツェリがやってた修行みたく、オーラのボールを作り、ボールの範囲を決められた肉体の場所に攻防移動する。移動の際は事前に部位を声に出して発する事、自分で言ってもいいが、他人から声をかけてもらって、応用技流を使い、攻防移動すると強化系スキルのブーストが発動する。

オーラボールは念弾として発射可能、指先から撃てば指の動きとオーラの軌道が連動。流によって移動した回数分、威力と滞空時間が増す。制約は上記の発射準備にあたり、協力者を必要とする前提である事と、間違った部位に攻防移動した場合、オーラのサイズが少し縮む事。

モントゥトゥユピー戦で勝つ方法を考察
三ツ星の考察ハンター 2022/05/07 03:42

>140
>理由は、一回も分身していないから。
>放出も苦手。操作メモリはもっと苦手だと推察できる。

ユピーの最大攻撃である放出能力を見て苦手とのたまっているのだろうか?
ナックルへの一撃だけ見ればビッグバンインパクトと同じ強化系攻撃と誤認しても無理はないが、その後にメルエムに継承された放出ビームに対しユピーは自分の技と言っている。
これが馬形態のユピーの肩の金玉に蓄えられ放出されるはずだったチンコ砲を指しているのは明らかだろう。

分身して情報収集する頭がユピーにあるように翁には見えるのだろうか?
『 ユピーはすぐに考えるのをやめた 』
わざわざこのセリフを引用しておいてである。
肉体が変形できるからプフのように分身もできるはずだという考えも短絡だ。
そんな異様な事ができるのは操作系で分身変身能力にメモリを振っているプフだから可能な芸当であって、ただの変身能力者がやすやすと行えるものじゃないだろう。
プフは諜報能力の代償としてかユピー、ピトーには劣る戦闘力にもなっているというのに。

モントゥトゥユピー戦で勝つ方法を考察
三ツ星の考察ハンター 2022/05/07 03:21

>142
>自らの肉体を変化、変形して武器化する。これは強化系能力者の得意技として有りそう。

毛を操作し武器としていた豪猪は操作系だったな。
陰獣の病犬は強化系に見えるが、その牙はただの強化で変形には至っていなかった。
変身能力を持つイルミは操作系。
異形化能力を持つザザンも操作系だろう。
まだ披露していないが変身能力が使えると言っていたボノレノフは具現化系。
乗り物に変身できるツボネとカートンは具現化系。
変化系のビスケは念の達人であるにも関わらず何故か変身能力を身につけるまでに長年長く願い続ける必要があった。
大人の体に成長したゴンさんは強化系。

このことからわかるのは変化系は変身が苦手。
おそらくビスケは変身に別の系統のメモリを使っているだろうこと。
変身を得手とする系統は操作系と具現化系であり、肉体の操作変形は操作系の領域で、人の構造を超えた別の物質に変身するのが具現化系の領域だろうということだ。

ユピーの能力はこの中ではザザンが一番近いかな。
目玉や腕を増やしたり伸ばしたりするのが強化であるはずもない。
まして足を馬にしたり翼を生やしたり腕をチンコ砲に変えたりするのは、どのような魔獣との混成であっても無理があるだろう。
よってユピーの変身能力は操作系能力である。

ヒソカの念能力「薄っぺらな嘘(ドッキリテクスチャー)」の汎用性について考察
三ツ星の考察ハンター 2022/05/07 02:34

3DをかじるとUVテクスチャーという概念を知る機会がある。
いわゆる展開図というもので立体を平面上に展開したテクスチャーである。
この機能を用いればどれだけ複雑な形状であろうともキレイに2次元のテクスチャーを3次元に貼り付ける事ができる。
ただ3Dにもキレイなポリゴンの流れというものがあって、あまりにも汚く乱雑なポリゴン形状だと機能で一発でうまくUV展開してくれない。
これが「紙状のような薄っぺらなものにしか映し出せない」という制約に通じる。
カストロに切断された傷跡はあまりにも複雑でテクスチャーを貼り付けられなかったのだろう。
それにガムで覆っても腕にものがくっついて不便だからハンカチを用いたのだろう。

おそらくガムで作った手足の形状程度なら、爪もシワも毛もなくツルっとしてるのでキレイにUV展開できるのではないか。
ローポリで作った3Dの手足を想像してみるとわかりやすい。
元からその程度の性能はドッキリテクスチャーにはあったのだと考えられる。

ただ、手足が常にそこかしこにベッタンベッタンくっついて日常生活には不便極まるので出来るのならもう治療しているのではなだろうか。
あくまでガムとテクスチャーの手足は、すぐにシャルコルトピを殺しに行くための応急処置だろう。

自分だけのオリジナルの念能力を考案
三ツ星の考察ハンター 2022/05/07 01:47

無呼吸拳攻群(強化系)
デラボーヤー

息を止めると発動する。無呼吸状態に入ると強化に入り、ラッシュの速度が上がる。止めた時間が長ければ長いほど、ラッシュは速くなり、パンチ力もUPただし制約で、息継ぎの間、術者は絶状態になる。無呼吸時間が長くなればなるほど、強化も大幅UPするが、息継ぎの時間だけ絶状態も継続。単細胞熱血バカタイプの術者が思い付きで考案した念って設定なので、体力を消耗して息が上がった状態も、息継ぎ絶の制約の範疇。

自分だけのオリジナルの念能力を考案
三ツ星の考察ハンター 2022/05/07 01:45

1000弧光イッセンテンリン(変化系)

斬撃をストックする能力。刃物や指先で弧を描く動きをすると、刃状に変化したオーラの軌道が空中に引かれる。再度指先でオーラの弧に触れると、具現化系スキルの応用で、オーラはリングの形に物質化される。

リングはヒソカみたく腕や指にジャラジャラ着けて携帯出来る。応用技の硬を使い、リングにオーラを集めると、リングは再び切れ味鋭い弧に戻り、放射状に拡散して周囲をぶった切る仕様。

制約は弧オーラ使用時、硬を使う事、リング形成の際も、触れる部位を硬にする。戻す場合も硬、硬使用頻度が高めなので無防備の部位をさらしやすい。ぶった切る際は、弧の内側に入って拡散しないと、自分も真っ二つ。

自分だけのオリジナルの念能力を考案
匿名 2022/05/06 22:44

チャンネル5(管理者にはお見通し)

系統:操作系

能力と制約
自ら作成したサイトに書き込みを
おこなった相手にのみ発動。
サイト規約に同意、書き込みをした相手の
身体情報や現在地情報を知る事が出来る。
また、それ以降に自信がサイト管理者として
書き込んだ人物やサイト自体に
一定のアクションをおこなう事で
更なる能力行使を可能にする。
但し、サイトの運営継続には
毎日5時間の管理者専用ページ回覧が必要。

オーダー(管理者指示)
サイト管理者として書き込みをした相手に
指示をする。
相手は書き込みで可能な事は管理者に
指示された内容を実行する。
但し、指示は一投稿につき一度しか出来ない。

アドミニション(警告)
相手の書き込み内容に警告を入れる。
警告を1時間以上無視か反抗した相手は
罰として同サイトの運営業務の補助
(主にアクセス数増加の為の貢献作業)
を丸1日強制される。

デリート(削除依頼)
特定のワードを書き込んだ相手に対し
書き込みの削除を指示する。
3日以内に削除が行われない場合
書き込み内容に類似した内容が
書き込みをした相手におこる。
但し、命に関わる事はおこらない。
(例:●ネと書き込み→転倒し意識を失うが
2日後に目を覚ます等)

オブザベイション(監視)
一度サイトに書き込みをした相手の
現在の位置情報と他サイトへの投稿内容や
回覧履歴を何度でも期間内に知る事が出来る。
但し、監視できる相手は
・管理者から一度も連絡をしていない投稿者
・書き込み日が7日以内の者
に限られる。

解体屋ジョネスは念能力者だったのかを考察
三ツ星の考察ハンター 2022/05/06 20:54

適当な数字をだして煙に撒こうとするなら、片方2トンのトビラを開けるのに何トンの負荷がかかってたのか明確にして欲しいな。
ちょっと考えてみれば矛盾に気付くはずだ。
守衛の家のドアは片方200キロあってこれをレオリオはンガンガ言いながら開けていたが、これも試しのトビラ同様に摩擦係数が少なくて低負荷しかかかってないと思ってるんだろうか?
軽けりゃ訓練にならないから当然400キロの負荷がかかると読み解くのが普通だと思うが。
ジムでマシンに触ってみればわかるがその程度の負荷は現代人でもなんとかなる。
試しのトビラの2トンも同じ文脈で言われているのだから、こちらも同様に普通に2トンの負荷だろう。
なぜ試しのトビラが低摩擦で見た目の重量以下の力で開きやすく設計されてると思ったのか伺ってみたいものだ。

ドキドキ二択クイズの「いつか来る別れ道」について考察
三ツ星の考察ハンター 2022/05/06 20:12

これは有名なトロッコ問題で、伏線というよりテーマという理解のほうが正しいと思う。
最近もハルケンブルグがナスビとの問答でトロッコ問題を何の説明もなしに引き合いにだしていたけれど、作者にとってはとっくに作中で紹介済みの概念だったんだと思う。
ハンター稼業は常にリスクとメリットを天秤にかけた選択の連続で、それはトリックタワーにも念能力にも反映されてるハンターハンターの一貫したテーマの一つだと思う。

MENU
キメラアント