HUNTER×HUNTER考察 Huncyclopedia

新着トピック

トピックまとめ

人気急上昇ランキング

コメント急上昇ランキング

新着コメント

  • 自分だけのオリジナルの念能力を考案
    三ツ星の考察ハンター

    「創造的想像力」特質系
    (オープニング
    イマジネーション)

    物質の再構成が出来る
    特殊能力、ズバ抜けた
    性能の特殊性

    文字通り術者の
    イメージ(想像力)に
    能力の精度が左右される
    間接的に触れた物体と
    術者のオーラが届く範囲
    そして無生物が能力の
    射程範囲。

    応用性は無限大、
    術者の精神状態や
    成長度でも能力の
    規模、精緻さ、速度
    特質が変わってくる。

    頭の中で鮮明に
    イメージの映像を
    思い描ける次元に
    到達すると、
    (たぶんダヴィンチや
    北斎レベルの境地)

    更に能力は
    グレードアップする。
    具体的には手元から
    放しても能力が解除
    されなくなり
    自分限定で生物に対しても
    能力が使えるようになる。

  • 自分だけのオリジナルの念能力を考案
    三ツ星の考察ハンター

    「人間の所業」操作系
    (ライブアライブ)

    操作支配した相手を
    強制的に心変わりさせる
    能力、能力名は
    人間の生(生きるのlive)
    その裏側にある
    悪(悪意evil、liveを逆さまに
    つづるとevilになる)を表す

    発動プロセスが
    厄介で強力なだけに
    制約も重い。

    相手の性格を分析し
    プロファイルする
    事前準備が必要、
    操作媒体で使うスマホに
    資料を書き留める
    そしてスマホの先端の
    イヤホンを刺すプラグに
    ワイヤレス端末を突き刺し
    相手の耳に直接取り付ける
    これで術者のオーラが
    耳を介して相手に注入され
    人体操作能力が発動。

  • 自分だけのオリジナルの念能力を考案
    三ツ星の考察ハンター

    「死の舞踏」強化系
    (キリングフィールド)

    舞踏によって
    身体能力を段階的に
    上げる身体強化系。

    その動きはバレエや
    コンテンポラリーを
    彷彿とする創作ダンスで
    その時の術者の感情を
    舞踏によって表現する。
    この制約により肉体の
    様々なポテンシャルを
    上げる事が出来る。

    攻撃力、防御力、機動性
    回復力、持久力、感覚
    喜怒哀楽によって
    その時上がるステータスが
    異なる。舞踏と武闘が
    表裏一体となった念
    静謐で抒情的な
    雰囲気で能力が始まるが
    それは相手の息の根を
    止めるべく舞う死の舞踏。

  • 自分だけのオリジナルの念能力を考案
    三ツ星の考察ハンター

    「鎧の素肌」変化系
    (フルメタルジャケット)

    オーラを中世の騎士が
    装備していた甲冑を
    思わせるフォルムに
    変化させる。

    外見はハイゴティク式
    胴当、背当、腰当
    尻当、拍車、鶏冠
    兜鉢、顎当、額当
    面頬、喉当、冠板
    肩当、上膊当
    肘当、前膊当
    手甲、鉄靴、膝当
    脛当、股当、草摺
    腰当、胴当、槍掛

    鎧の全パーツが
    オーラで再現され
    術者の意思で出したり
    消したり出来る。
    鎧オーラの上は
    攻防力がほんの少しだけ
    向上していて全身武装
    した際、全体攻防力が
    60くらいの堅になる。

  • 自分だけのオリジナルの念能力を考案
    三ツ星の考察ハンター

    「集結の園」具現化系
    (コマンドミッション)

    足下に構築した
    円型の魔法陣を用いて
    仲間達を召喚する能力
    「出でよ!」と
    唱える事で魔法陣の
    中から仲間達が出現、

    歌舞伎のように
    見栄を張りながら
    術者の元へ馳せ参じる。

    強者集結カタルシス向け
    一同が具現化される
    絵面はだいたい圧巻。

    前もって契約を交わして
    おかないと魔法陣を
    介して瞬間移動出来ない
    遠距離から飛んできた
    仲間が動けるのは
    陣形の上だけという
    制約がある。更に
    巨大な陣を展開するほど
    術者の消費オーラ量は
    増加する、召喚した
    各個人にはその場に
    留まっていられる
    持ち時間があり、
    相手からダメージを
    受けたりすると、この
    持ち時間が減り
    限界ラインを超えると
    さっさと元いた場所に
    送還されてしまう。

    能力を使う時は
    事前に連絡を取る事が
    エチケット、
    シャワー中とか
    最悪ウンコ中の仲間を
    呼んでしまうと
    シャレにならない。