「闇のソナタ」の正体について考察

「闇のソナタ」の正体について考察

センリツがフルートの曲をたった一章聞いただけで病んだ、「闇のソナタ」の正体について考察。
「闇のソナタ」とは、魔王が作曲したとされる独奏曲。ピアノ・バイオリン・フルート・ハープのための4つがあり人間が演奏したり聞いたりすると恐ろしい災いがふりかかるとされている。

「闇のソナタ」の正体について考察へのコメント

コメントを書く

「闇のソナタ」の正体について考察へコメントをして、あなたも考察・議論へ参加しましょう。



この考察・議論にいいね

おすすめのハンターハンターの考察・議論

あわせて読みたいハンターハンターのトピック