ゴレムやツボネのような相互協力型(ジョイントタイプ)の念能力を修得するべきかを考察

ゴレムやツボネのような相互協力型(ジョイントタイプ)の念能力を修得するべきかを考察

相互協力型(ジョイントタイプ)の念能力は、強力になるメリットと引き換えに、単体では利用できない?デメリットがあるが、果たして修得するべきなのか。

ハンターハンターの漫画や映画を見る

ゴレムやツボネのような相互協力型(ジョイントタイプ)の念能力を修得するべきかを考察へのコメント

  • 15 翁 リターンド 2021/07/03 15:09

    >>14
    念能力の分類としての「型」でもあるけど。

    漫画の中で各々のキャラクターが自分の役割を何だと定めているのか? …っていう分類でもあるよね。
    たとえば攻撃型っていうカテゴリは、自分の役割を攻撃だと見定めて、それを伸ばそうとしたキャラクターだと考えることができる。

    それと、本来「操作系念能力」の分類カテゴリだった強制型、要請型っていう名称が一般名詞のように混ざっている。だからどうってことはないけれど。
    このように平準化というか、押し並べてしまって、同列に考察した方が見えてくることもあろうかと思います。GJ。

  • 14 三ツ星の考察ハンター 2021/07/02 10:24

    6095 歴代の「オーラの詠ムモノ」 2019/11/01 11:01
    (意識強化系)『距離』0パーセント~100点キット(存在具現化系)(スーパーファミリーコンピューター)
    今まで登場した念の型をおさらい~(速さ×時間=距離)
    貸与型=不特定多数の相手に念を貸し与えて限定的に使わせる事が出来る(例、クラピカのスチールチェーン)
    相互協力型=不特定多数の念能力者が協力して1つの念を形成する、大勢で一斉に使用するパーティーフォームも存在(例、ハルケンブルグの守護念獣、ゴレムの銃器、ゲンスルーのカウントダウン)
    複合型=具現化系能力者に確認されている型、条件次第で複数の能力が発動する(例、チョウライの守護念獣のコイン、カイトのクレイジースロット、クラピカの指の鎖も複合型の可能性あり)
    強制型=操作系能力者に確認されている型、相手の意識や肉体を完全に支配して複雑な命令も出来る、支配力に比例して能力の制約や操作出来る対象人数が制限される可能性がある(例、イルミの針人間やシャルナークのブラックボイス、ピトーの木偶人形による操作)
    半強制型=操作系能力者に確認されている型、強制型に比べて相手の意識までは支配出来ないが、肉体の自由を奪ったり、対象者が自ら命令どおりに行動さぜるを得ない状況に追い込む
    (例、クラピカのジャッジメントチェーン、ウェルフィンのミサイルマン、モモゼのおヒマ?の守護念獣、ミザイストムの密室裁判もこの型の可能性あり)
    要請型=操作系能力者に確認されている型、強制型や半強制型に比べて操れる人数が多い傾向にある、対象者に選択肢を与えつつ能力者のために動いてもらう事を目的とする
    (例、タイソンの守護念獣の本体)
    共存型=相互協力型と同じように協力者を必要とし、その者の協力を得る事で使用できる、ただし相互協力型のように必ずしも相手が念能力者でなくてもよい可能性がある
    (例、共同研究者を得て薬品を作れるツベッバの守護念獣)
    誘導型=強制力は低いが多くの人間を操れるとされる、発動すれば無意識の内に相手に作用し、その効果による自覚症状はほとんど無いよう
    (例、サレサレの守護念獣)
    移動型=空間移動を可能とする能力で具現化系や放出系能力者に確認されている
    (例、フウゲツのマジカルワーム、ノヴの四次元マンション、部屋の空間を別次元に転移させたマラヤームの守護念獣の力もこれに含まれる可能性あり)
    拡散型=不特定多数に発動する念で自分の持ち物などを相手に分け与えるなどして発動する場合もある、中には具現化した念獣そのものにガスを放出させてそれを吸引した者に能力をかけるケースも
    (例、タイソンの守護念獣やサレサレの守護念獣がこれに含まれる、ゲンスルーのカウントダウンも拡散型寄りかも)
    徴収型=情報収集をメインとする型で小さな生き物を媒介としたり、それらを大量に具現化して相手を監視する
    (例、サイールドのリトルアイ、タイソンの目玉ジャクシ、フラッタのサテライトンボ)
    補助型=味方などをサポートする事が前提の支援向けの型、回復を促したりするタイプの念もこれに含まれると思われる
    (例、ビルの球根、ビスケのクッキィちゃん)
    生贄型=その他大勢の犠牲を前提とした念、寄生型同様に専門の儀式や厄介な手順を必要とする可能性あり
    (例、モレナの恋のエチュード、ベンジャミンの星を継ぐもの)
    防御型=守りに徹した型と思われる、作中ではあまり明言されてないがゼノが防御型の存在を示唆している
    迎撃型=カウンター型とも、相手の攻撃を受ける事が前提でダメージを受ける事が制約に入っているものがほとんど、中にはその恩恵で能力そのものの威力を高めるものも存在
    (例、カミーラ自身の念獣、フェイタンのペインパッカー)
    寄生型=具現化系能力者に多い型とされ、念で作った生き物などを特定の対象者に取り憑かせてその相手のオーラを燃料とし、効果を発揮する、取り憑かせる事前段階で専用の儀式や厄介な手順を必要とする
    (例、壺中卵の儀、サイレントマジョリティなど)
    攻撃型=作中では明言されてないが、防御型があるんだから攻撃型がないと変だろうという勝手な想像、主に強化系や放出系のシンプルな必殺技の類いじゃないだろうか
    (例、ゴンのジャンジャン拳、ウボォーギンのビッグバンインパクト、フランクリンのダブルマシンガン、フィンクスのリッパーサイクロトン)

  • 13 三ツ星の考察ハンター 2021/07/01 23:30

    自分単体で使える能力があってそれを強化、補助してもらうためのジョイントタイプならいいかも
    ゲンスルーの「命の音」みたいな。
    ツボネみたいな他の能力者に使われる事が前提のだとあまりオススメできないかなぁ

  • 12 三ツ星の考察ハンター 2020/07/14 16:42

    数ある念の型の中でも威力に絞れば相互協力型がパワーは出そう。ただ欠点としては念を構築してる複数のメンバーの内、誰か一人でも欠けたら威力が落ちるか、使えなくなるってリスクありそう。

  • 11 一人一人は部品。全体目標が大事。 2019/11/30 17:43

    たとえば。
    絶対に負けられない、長きに渡る二国間の戦争。50年 〜 100年 以上続いている場合もあるかもしれない。

    このような状況では。
    敵の指導者やキーマンが明確な場合には、暗殺も有効な突破口になるだろう。

    作中では、オロソ兄妹の「死亡遊戯/ダツデダーツ」や、
    カキンの不可持民の「黄泉竈食ひ」などが効果的な暗殺の念のようだ。

    国家が死力を尽くす戦争なので、人も命も最優先ではない。
    産まれてくる子供達でさえ弾数のうち。
    効果的な暗殺専用の念を複数人に習得させて、高い命中率で使用したいものだ。
    むしろ念の技専用の人材としての出産が、国民の急務になるだろう。

    ダツデダーツのように、暗殺に失敗するとダメージがこちらに返ってきてしまう念の技もある。
    黄泉竈食ひももちろん、使えば減る。念使いが。
    失敗 = 弾数の減少。
    だから当然、成功率や命中率が重要。

    念能力者としての育成に成功した貴重な国民を、何人犠牲にしてでも勝たねばならない戦争。
    こういった場合には、ジョイント型の念を作らない理由はない。

    ハルケンブルグの例もある。
    人間を犠牲にしていい場合には…人間一人一人の人生の優先度が低い場合には、
    どんどんジョイント型の攻撃技を編み出して、大きな目的を達成すべきだ。

    そういう意味では、ゾル家はまだまだ甘いと評価するべきなのだろうか?

  • 10 ツベッパ 2018/02/28 10:03

    あとツベッパも

  • 9 ハルケン 2018/02/28 10:03

    ハルケンはやっちゃいましたね

  • 8 三ツ星の考察ハンター 2017/03/04 20:35

    協専ハンターにはジョイントタイプの念能力者が多いのかも知れないですね。
    協専ハンターはお金を稼ぐことが目的なので念能力自体はどうでもよく、より強力で重宝されるジョイントタイプの念能力者は多いでしょうね。

  • 7 三ツ星の考察ハンター 2017/02/26 17:03

    ゴレムは、あのジンが関心するくらい凄いらしいから、ジョイントタイプは相当すごいのでしょうね。
    アモリ・イモリ・ウモリあたりもジョイントタイプの念能力者になってほしいと期待しています。

  • 6 三ツ星の考察ハンター 2017/02/23 17:14

    協力によって足し算ではなく掛け算的に能力を引き出せるなら
    特に集団においては習得はありだろう
    デメリットとして単体での必殺技を習得しにくい・出来ないかもしれないが、
    例えば(相互型ではないが)幻影旅団でもコルトピやパクノダは戦闘向きの能力を
    所持せずとも集団で行動するなどして弱点を補っていた
    (結果的に両名とも自分の身を守れなかったが…)

  • 5 三ツ星の考察ハンター 2017/02/20 22:25

    相互協力型を修得する人って、MMOで回復薬やバフ系の役職を選択する人と同じ感覚なんですかね。
    チームには必須の役職だし、貢献度も高いが、一人だと価値が薄い。
    もともとチームでの戦闘を考えて自分の役割を理解している人でないと、相互協力型を選択するのは難しいでしょうね。

  • 4 三ツ星の考察ハンター 2017/02/20 22:14

    石壁で無双していた実績があるのでジョイントタイプはあり。
    自分がジョイントタイプを修得するかというなし。

  • 3 三ツ星の考察ハンター 2017/02/20 01:58

    伝説の傭兵部隊「石壁」の話を聞くと全然ありなんだよな。

  • 2 三ツ星の考察ハンター 2017/02/20 01:53

    一人でも戦える念能力が既に取得しているのであれば、サブとして修得するのは「あり」だと思います。
    例えば、ゲンスルーの「命の音(カウントダウン)」も相互協力型です。ゲンスルー、サブ、バラの三人がいないと発動できませんが、ゲンスルーには「一握りの火薬(リトルフラワー)」があるので一人でも十分に戦えることができ、相互協力型を修得することはゲンスルーにとって実用的だと思います。

  • 1 三ツ星の考察ハンター 2017/02/20 01:37

    ジョイントタイプは一人では使えないというのが最大の欠点。
    つまり、天空闘技場のような一対一の戦闘では使い物にならないし、同胞が倒されて残り一人の時も使い物にならない。
    念能力者自体がそこまで多くない中で、この欠点は大きすぎる。
    ゆえに、修得するべきでなく、ヒソカの言葉を借りるなら他にメモリを使うべき。

コメントを書く

ゴレムやツボネのような相互協力型(ジョイントタイプ)の念能力を修得するべきかを考察へコメントをして、あなたも考察・議論へ参加しましょう。

誹謗中傷やトピックの内容と関係のないコメントは削除の対象となります。
場合によっては、該当のユーザーを規制させていただきますのでご注意ください。



この考察にいいね!

おすすめのツボネの考察

おすすめのハンターハンターの考察

あわせて読みたいハンターハンターのトピック

MENU
キメラアント