MENU

ジンのイボクリ自慢について考察

ジンのイボクリ自慢について考察

イボクリ自慢を始めたウサメーンが自信を失うほど、ジンのイボクリは凄いのかを考察。

イボクリとは、覆っているオーラの一部をイボにして少しずつ移動させるオーラを使った手遊びである。
上達すると、イボを増やしながら移動させたり、両手で行えたり、左右で動く方向を逆にしたり、イボの大きさや形を変えたり、イボごとに進む速さや向きを変えたりできるようになる。
しかし、イボクリはジン曰く、「ま 出来たとこであんま能力には影響しねーし ペン回しみてーなもんさ」らしい。

ジンのイボクリ自慢について考察へのコメント

  • 17 三ツ星の考察ハンター 2018/04/13 09:17

    ジンは「出来たところで、あんま能力には影響ねー」とは言うものの
    オーラを刃状にする変化系能力とかならイボクリを極めたら、大小のオーラ刃を同時に出したり別個に動かせたり、かなり影響あるんじゃね?

  • 16 蜘蛛のファンです 2018/03/01 12:00

    才能の無駄遣い・・・・?

  • 15 ウィンナーマン 2017/05/05 22:19

    このシーンがどう活かされるのかが楽しみ
    ゼパイルの横抜きみたいに回収されるかな

  • 14 三ツ星の考察ハンター 2017/05/05 09:13

    動きは操作系
    形は変化系
    真逆の系統を同時に複数するからすごい

  • 13 三ツ星の考察ハンター 2017/02/27 02:15

    イボクリってイボイボクリエイトの略なのだろうな。
    ジンは能力には影響しないと言っているが、オーラを自在に動かせるというのは戦闘においても大きなアドバンテージになるはず。

  • 12 暇つぶしハンター 2017/02/26 20:47

    念の扱いが器用だという事を表現するための1コマだとおもっています。
    実際レオリオとかの能力を真似出来てるし
    他のジャンプ漫画からですが、黒バスの器用ですぐ真似できる黄瀬みたいな
    そういう器用である事の凄さじゃないでしょうか?

    ビスケやヒソカは大きくまとまったものしか形作っていませんでしたが
    ジンは小さくウサギ、キリン、クマ、ヘビ等形作ってそれを移動させる操作を同時に行っていたので、宇宙飛行士のようなマルチタスクの技術だとか、ただ念の熟練だからと言って真似できるようなことではないと思います。

  • 11 三ツ星の考察ハンター 2017/02/18 18:06

    人工アメーバ運動
    界面アメーバ運動の数理モデル

  • 10 三ツ星の考察ハンター 2017/02/12 22:36

    オーラを操作することが得意な操作系能力者であれば、これくらいは簡単にできそうなのだが。

  • 9 三ツ星の考察ハンター 2017/02/12 22:33

    凄いのだろうけど、いまいち凄さが伝わらないですよね。
    オーラで文字を表現するビスケの方が凄いとさえ思える。

  • 8 三ツ星の考察ハンター 2017/02/11 01:55

    ジン自身もイボクリがすごくても念能力には関係ないって言っているし、イボクリと念能力は別物ってことだわね。例えるなら、バスケットボールを指でくるくる回すことは出来ても、バスケが上手いのとは関係がない、というのと同じかしら。

  • 7 放浪者 2017/02/11 01:08

    ジンがやっている事の凄さを分かり易く例えるのならば、『両手で絵を描く』程度の事ではなく『両手の指で丸を書く』ぐらい難しい。ジンは動物の形のオーラも模ってるので『両手の指で絵を描く』のと同じようなモノだと推察できる。と、思う。

    ビスケが手で数字をキレイに出来ていたが、ゴンがやった時はどうだっただろうか?
    初心者のゴンがやった時は歪になってしまっていた。

    ジンは丸(イボ)をきれいに作っていた。
    これは綺麗な丸を書くよりも難しいと思う。

    絵を綺麗にかける人はたくさんいるだろう。
    だが、両手で絵を描ける人は少なくなる。

    宴会などで、『俺、両手で絵を描ける!!』と言って周りが『スゲー!!』ってなる。
    そこに、『俺は指で描ける』と言う猛者が現れ、綺麗に書いたら周りは『マジでかあ!!』って反応になると思う。
    絵が描けない人はドン引きレベルのことだろう。

    なんて事を思ったが、私が思うイボのレベルはかなり高い。
    だが、出来たとしても使い道はないと思う。

    宴会で『マジでかぁ!!』と言われる程度?

  • 6 隣のカストロ 2017/02/10 08:42

    平凡な奴らには難しいんだろ
    ジンがすごいところは
    複数の物体を複雑に形を変えていて、
    軌道も自由にプログラムし、長時間形を崩さずオーラを保っているところ。

    念能力者は大体、鍛錬を積んで念物体の動き方、システムをプログラムさせ
    能力をイメージし、それが自分に合ったものならようやく能力習得に至る。
    ジンのやったことはそれの「ひな型」で
    念のコツを知り尽くしてないと、ジンのやったことを瞬時にできないんだと思う。

  • 5 三ツ星の考察ハンター 2017/02/10 08:10

    正直、イボクリよりも念能力の方が難しい気がします。
    念能力ができる人ならイボクリもできそう、というのが根底にあるからジンの凄さが伝わらないのかと。

  • 4 三ツ星の考察ハンター 2017/02/10 03:43

    形状を変化させるのが目的ではないので精密さは関係ない
    必要なのは複数の作業を管理・平行処理する能力
    左右の手で異なる動作をする脳トレのようなもの

  • 3 三ツ星の考察ハンター 2017/02/10 00:59

    ビヨンドの仲間の反応を見る限りでは、念能力を一つ暴露する以上の凄さはありそう。
    ビスケもヒソカも変化系だし、変化系はオーラの形状を変えるのが得意とかってあるのかも。

  • 2 三ツ星の考察ハンター 2017/02/10 00:53

    裏ハンター試験の斡旋所の人がオーラでドクロを作っていたけど、これもイボクリと同じ技術なのかな。

  • 1 三ツ星の考察ハンター 2017/02/10 00:52

    この凄さは本当に謎。
    ビスケがオーラで数字や文字を描いたり、ヒソカがオーラでドクロを作ったりするほうがよほど難しいのでは。
    ビヨンド側の人達も「マジでかぁ!」ってなってるけどそんなに凄いことなの。
    熟練の念能力者ならこれくらいはできて当然ってどうしても思ってしまう。

コメントを書く

ジンのイボクリ自慢について考察へコメントをして、あなたも考察・議論へ参加しましょう。



この考察・議論にいいね

おすすめのウサメーンの考察

おすすめのハンターハンターの考察・議論

あわせて読みたいハンターハンターのトピック