【募集中】オレでなきゃ見逃しちゃうハンターハンターの伏線や謎 【HOT】冨樫先生のハンターハンター連載再開と休載の最新情報

カミーラの念能力「百万回生きた猫(ネコノナマエ)」の強さについて考察

カミーラの念能力「百万回生きた猫(ネコノナマエ)」の強さについて考察

カキンの第2王子カミーラの念能力「百万回生きた猫(ネコノナマエ)」の強さについて考察。

百万回生きた猫(ネコノナマエ)

念能力「百万回生きた猫(ネコノナマエ)」は、迎撃型(カウンタータイプ)の念獣。死後発動し、攻撃して来た者の命を以って蘇生する。

カミーラの念能力「百万回生きた猫(ネコノナマエ)」の強さについて考察へのコメント

No.42 三ツ星の考察ハンター 2021/04/02 20:55

発動前に会話してるあたり、いくつかクリアするべき条件があるはず。そうでなきゃ、ネタバレするリスク冒さないで、最初から他王子を襲撃したはず。

No.41 三ツ星の考察ハンター 2020/12/14 22:20

無敵!と豪語してるけどハコワレとかで絶らせる能力適用しても能力って使えんのかな?絶った状態は他人の念による干渉だから、自分の意思で絶を維持しているわけじゃない、だから能力は不発になる?はたまた死後の念って理由で無関係に発動する?

No.40 三ツ星の考察ハンター 2020/08/11 17:13

も一つ気になるのは能力の有効範囲やね。例えば強力な放出系能力を使ってくるスナイパーに遠距離から脳天ブチ抜かれた時に、カミーラが絶だったらネコノナマエは遠距離のスナイパーを抹殺できるのか?ジョジョとかだと射程距離外とかになって無理なパターンなんだけど死後の念の威力は相当って設定だからなぁハンターハンター、瞬間移動して背後に…とかありそう。

No.39 三ツ星の考察ハンター 2020/08/11 17:07

操作しても自害しろって命令を与えてんのはカミーラ殺害に関与してる相手なんだからネコノナマエは発動するっしょ。拘束して餓死させるがベストなのでは?

No.38 三ツ星の考察ハンター 2020/08/03 16:21

この能力の蘇生って強化系の癒しなのか、それとも特質系なのかな?

No.37 三ツ星の考察ハンター 2020/07/03 09:47

奇襲や暗殺者から身を守るには向いているが
一般戦闘には不向きだろう

火力がないから、こっちから手を出さなければ何ともない
この手のタイプは放置か封印と相場が決まっている

無視されてプライドの高さから自爆して
海に落ちて永遠に彷徨うエンドがお似合いだろう

No.36 三ツ星の考察ハンター 2020/07/02 21:47

よく初見殺し言うけど念に習熟した者ならこれみよがしに絶して接近してきたら迎撃型を疑うでしょ。殺さなきゃいいなら操作して自害させてそれまでよ。

No.35 三ツ星の考察ハンター 2019/10/06 19:40

死亡原因によっては発動が難しい。例えば事故死や犯人が特定しにくい複数犯。

No.34 三ツ星の考察ハンター 2019/06/03 18:29

王族特権があれば兵士を撃ち殺そうと無罪放免されるのだから、絶対に暗殺されないカウンター能力が弱い訳がない。
第二王子という権力と併せて、真の威力を発揮する強能力。

公の場で使ったわけでもなく、ムッセは密室で殺せている。
死後に継承される諜報能力はさすがに想定外で、初見殺しの優位性が薄れているのはもったいないが。
ベンジャミンに対し発動していたらおそらく室内の目撃者にまでその能力は及んだのではないのだろうか。
もしくは脱落者の配下に能力がバレようと関係ないという考えなしだったかは定かではないが。

個人的にカミーラは決断力が早く考え方が極端で突飛に見えるだけで思慮が浅いとは思えない。
ベンジャミン特攻を決めたのも、霊獣の存在を知らされ、不可持民による呪念特攻作戦が無力化したからだろう。
その間わずか数時間の決断。

暗殺以外の攻撃手段に弱く、例えば操作系などは天敵となるが、霊獣の強制型の操作能力が自己操作も可能だったら弱点もなくなる。
ハルケンブルグとは順序が逆になるが、霊獣が能力者のサポートとなる能力を発現する確率は高いのではないか。

No.33 三ツ星の考察ハンター 2019/06/03 05:30

死なない=負けないは成り立つけど、死なない=勝てるわけではない
王位継承戦においてはやや弱めの能力になる
拘束、操作された場合は実質無効化されるし、自然災害や自死のように対象が定まらない場合も不発する(と思われる)
また狭所に挟まれたり火口に突き落とされたりした場合は蘇生した瞬間に死亡してしまい無限ループに陥るか2度目の蘇生はできない(対象消失する)
以上のことからカウンターとして自衛にしか使えないことが分かる
能力自体は強力だが誓約と制約がきつすぎる上に応用がきかず、組織のトップが持つより兵隊が持って初めて有効に使える
恐らく念獣が攻撃を誘発する能力でそれを迎撃するための念能力なのだと推察される
公に使うべきではなかった
カミーラの今後は念獣の能力によっては展望が望めるが、有力な王子から見れば確殺しておかなければならない相手である
カミーラを操作してやっかいなハルケンブルグにぶつけるのが一番いい
まずカミーラに発動条件を満たし操作する
次にカミーラを第三者に殺害させ、蘇生後も操作能力が継続するのが実験する
蘇生後は操作能力が解除されるようなら海に沈めてしまう
継続されているなら爆弾としてハルケンブルグに送り込む
意思を奪われたところで操作されているカミーラには無効だし、能力の上書きは優先順位の関係で不可能
ハルケンブルグ配下になったように見せかけて情報収集し、折を見てハルケンブルグを襲わせる
カミーラが殺されるのが次点、ハルケンブルグが死んでカミーラが蘇生したのなら満点

No.32 三ツ星の考察ハンター 2018/11/21 21:38

ツェリード様と戦った時どうなるのかな、絶対に先手を取れる能力VS一撃必殺のカウンター、素の能力による攻撃では決着つかないから守護念獣同士のバトルになりそうやね

No.31 三ツ星の考察ハンター 2018/11/21 01:17

死後の念なんでもアリだなって思った、、もう蘇生すら出来ちゃうとか、ドラゴンボールですやん

No.30 三ツ星の考察ハンター 2018/10/26 22:02

百万回生きた猫の「ネるねルネルね」で倒せないケースはあると思われる。
描写的にも物理攻撃ぽいし、耐性がある敵なら攻略可能かと。

No.29 三ツ星の考察ハンター 2018/10/20 21:49

あ、28の者だけど「プレデターがネコノナマエを取り上げられない可能性大」は全く見当違いな発言でしたすんまそ

No.28 三ツ星の考察ハンター 2018/10/20 21:43

一番この能力の命運を分けるのは、「猫がカミーラを殺した対象を直接攻撃で殺して命を奪う」のか「カミーラの死を条件に殺した対象者の命が自動的に奪われる」のか。
前者なら、迎撃&死後念で強化された猫以上の地力を持つ念能力者なら力尽くで突破できるし、後者なら迎撃&死後念を併用するとほぼチート級の出力が出せる事が実証される。

どちらにせよ放出系を内包した念獣が能力を発揮してるから、遠く離れた場所からの暗殺でも能力は機能すると思う。
あと死後に発動する都合上、プレデターやスキルハンターでは取り上げられない可能性大。

弱点はやはり殺しに来ない相手には全くの無意味という事。
また、カミーラが(仕込まれた)致死毒入り飲み物を自分から飲んだり、拘束されて密室に放り込まれ餓死するといった、遠回りな他殺ににゃんさんがどこまで反応するかが難しい。

No.27 三ツ星の考察ハンター 2018/09/26 23:13

これは確実にプレデターに捕食されるだろうな
未知状態のリハンにベンジャミンがこっそりヒント出して完璧な天敵に育成しそう

No.26 三ツ星の考察ハンター 2018/09/22 00:42

なら今は「百万一回生きた猫」になってるなw

No.25 三ツ星の考察ハンター 2018/09/21 10:50

「百万回生きた猫」という念能力名から察するに百万回蘇生している。
つまり百万人も倒している(倒せる力のある)能力ということ。
最強までは言わずとも、相当強力なのだろう。

No.24 三ツ星の考察ハンター 2018/09/21 10:46

カウンター能力×蘇生能力×死後の念。
カミーラの念能力は考察しがいがあるな。

No.23 暇つぶしハンター 2018/09/21 01:30

ポットクリンは無害故に無敵
これは逆に害ある「百万回生きた猫」は攻撃が通ることになるのではないか?また、説明文の通り「攻撃してきた者の命をもって蘇生する」のならば、攻撃してきた者が命を奪われる前に死ぬと蘇生できないのでは無いか?
これらの見解がただしければカミーラを倒す手段は、大きく分けて2通りはあるのでそんなに強くはなさそうです。初見殺しではあるが、王子に忠実な部下がカミーラを殺し即自害でも倒せるのでは?またシンプルに強ければ負けないのでは?

No.22 三ツ星の考察ハンター 2018/09/16 10:38

たぶん殺害対象の選定も猫に依存してるんだろうねコレ
カミーラ本人の認識依存だと、超長距離の狙撃や自爆やらで成す術なく葬られる可能性が高いわけで…
パクノダのサイコメトリー的な特質系能力が猫に備わっていて、死体に残された銃弾から暗殺者を特定したり、散らばった肉片から下手人の血縁情報を洗って報復対象を選定してるんじゃないかな、と予想

No.21 三ツ星の考察ハンター 2018/09/14 22:33

18
1のネコノナマエの発動も3の蘇生も確実じゃないと思う

殺害対象もしくは蘇生対象が存在しない状況など2か3の条件が満たせない事が確定している状況だと発動自体しない可能性があるし
蘇生も正確には死体を潰してエキスを絞ってカミーラに流し込んでたから、それを何らかの方法で防ぐ事も可能かもしれない

それと「死後の念故に強く」の「強い」は具現化されたネコの戦闘能力を意味しているというよりも、「ネコノナマエ」という念能力が強力であるという風な解釈も出来るはず
ネコノナマエが絶対の能力でないとする根拠には「殺した人間が死に、カミーラが生き返る」という事象だけが発生すれば回避も阻止もほぼ不可能なのに、態々ネコが出てきて色々やってるからにはそれらの手順の何処かを邪魔出来るはずって考えてる

因みに具体的な対処案としては、他の人が挙げてるようにカミーラ・ネコ・殺害対象のどれかを能力の効果適用範囲から取り除いたり(別に殺さずとも隔離したりするだけでいい)、衰弱死させたり操作してしまったりして直接止めをささない方法で無力化したり
カミーラが手中にあるなら試せる手はたくさんあると思う
その全部が有効とは限らないけど、特に操作して無力化は殺さなくてもいいし継承戦としてもカミーラの権力は魅力的だから中々悪くない手だと思う

No.20 三ツ星の考察ハンター 2018/09/14 20:27

カミーラの念能力自体が死後の念なので、「死後の念!!故に強く!!」という表現自体に違和感があるのだが。

No.19 三ツ星の考察ハンター 2018/09/14 20:24

ほぅ。納得させられてしまった。
カミーラと戦闘する相手は、カミーラとネコノナマエを倒さないと勝利しないということか。
つまり、ネコノナマエは倒すことができると。

No.18 三ツ星の考察ハンター 2018/09/14 17:34

ネコノナマエでカミーラが生き返るには以下の過程が必要

1 殺されてネコノナマエが発動する(死後発動し)
2 攻撃してきた相手(敵)を殺す
3 死んだ敵の命を使って蘇生する(攻撃して来た者の命を以って蘇生する)

1と3はルールだから必ず発動するけど2はルールに含まれてないと読める

「死後の念!! 故に強く!!」ともあるが
2が保証されているなら、ネコノナマエが強かろうが弱かろうが敵は絶対死ぬ
ネコノナマエが強い意味はないからこのセリフがおかしくなる

だから確殺ではないと思う

No.17 三ツ星の考察ハンター 2018/09/13 12:24

ネコノナマエの説明として「死後発動し、攻撃して来た者の命を以って蘇生する」と原稿にある通り、ルールが破られることは考えにくいかと。
メルエムを対象とした場合はシンプルな念の力で潰されるという意見があるけれども、そうだとしたらルールが実行されないので念能力とは言えないのでは?
例えば、メルエムにインスタントラバーが効かないとか、ハコワレで絶が効かないとか言っているようなものかと。
そもそもメルエムに接近してキスできないというのは置いておいて、発動してしまえばルールに沿って実行されるのが念能力なので、それを覆させるのは超常すぎる。
あるとすれば、クロロのダブルフェイスのように、それ用に対策した特別な能力だろう。

No.16 三ツ星の考察ハンター 2018/09/13 06:39

弱くは無いだろうが、念である以上確殺はありえないし殺せなければ復活も出来ない
特質系だから基本能力も最弱
リスクでか過ぎで信用しきれないから戦闘用能力としては微妙
暗殺対策主体
能動的に発動するにしても絶対に発動するようにお膳立てしてからでしか使いたくない能力
発動条件からしてもカミーラの行動からしても偶然発現した能力なんだろうな
守護霊獣がどんなのかにもよるが、カミーラの行動は危なっかしくて見てられんわ
フェイタンがヒソカ風にこの能力に行き着いたらそれはもう強いんだろうけど

No.15 さすらい 2018/09/10 14:00

能力者の死亡で発動するという制約、死後強まる念、なのでかなり強力な殺傷能力はあるんだろうけど、そもそも「確殺」できる能力では無い。例えばメルエムとかに使ったらシンプルな念の力で握りつぶされて終わりではなかろうか。

No.14 三ツ星の考察ハンター 2018/09/08 10:30

自己再生と確殺の念能力が弱い訳がない。
カミーラ自身が弱いから・・・という意見があるけれども、弱いからこそ発動をしやすいメリットでもある。強ければそもそも発動すらしないですから。

No.13 三ツ星の考察ハンター 2018/08/25 22:18

カミーラの念能力が弱いというのは相当な捻くれ者ですよ。

No.12 蜘蛛のファンです 2018/08/11 06:21

自爆テロもそうですけど自分の体が分解されたら
残った分で動き回るのかそれとも発動出来ないのか
自分の体が無くて代わりに相手の死体があったらそれを
依り代に出来るのかも謎ですね。制約はどうなんだろう?

No.11 三ツ星の考察ハンター 2018/08/04 07:59

操作系念能力者のAが操作対象のBによってカミーラを倒した場合はどう解釈されるのだろう。
猫によって倒されるのはAなのか、Bなのか。

No.10 三ツ星の考察ハンター 2018/08/01 21:52

自爆テロ攻撃に対しては無力かも。念能力が発動しても奪う相手の魂が既にないから。

No.9 三ツ星の考察ハンター 2018/07/30 21:17

今はベンジャミンとカミーラが噛ませ犬っぽい立ち位置ですが、ヒソカの考察でもあったけど死後強まる念で自身が強化されるならば、正直カミーラは化けると思っています。
クロロからすれば喉から手が出るほど盗みたい念能力でしょうね。

No.8 三ツ星の考察ハンター 2018/07/30 17:11

ぶっちゃけ初見殺しだけどネタが割れれば簡単に無効化出来るからなぁ
他の念能力者の協力を得て1対1の状況で連戦出来る環境が整えば最強だろうけど

No.7 三ツ星の考察ハンター 2018/07/27 23:32

どう見てもチェシャ猫。

No.6 三ツ星の考察ハンター 2018/07/27 23:08

「不死身キャラ=欠点が多い」ってイメージ。

No.5 三ツ星の考察ハンター 2018/07/24 15:42

不死身キャラって大抵長生きしないよな

毒でいたぶられるか、封印で閉じ込められるか、
罠にはまって死と再生をループするビジョンがみえる

No.4 三ツ星の考察ハンター 2018/07/21 23:03

不死能力は確かに強いけれど、カミーラ自体が弱いのでバランスが保たれている感じ。
この能力をジンが保有していたら絶対の君臨。

No.3 三ツ星の考察ハンター 2018/07/21 12:17

カミーラがナスビーに対して、負けの定義(死の定義)をしつこく聞いていた理由がこれか。
死なないのだからカミーラは負けない。ということね。

No.2 三ツ星の考察ハンター 2018/07/21 12:15

これが本当に百万回できるのか、否か。

No.1 三ツ星の考察ハンター 2018/07/21 12:13

カミーラの念能力は死後発動念能力ですか。しかも戦闘相手の確殺と自己蘇生というチート級。
ヒソカの死後強まる念の比じゃないくらいの念能力です。
カミーラは猫好きなのかな。

コメントを書く

カミーラの念能力「百万回生きた猫(ネコノナマエ)」の強さについて考察へコメントをして、あなたも考察・議論へ参加しましょう。

誹謗中傷やトピックの内容と関係のないコメントは削除の対象となります。
場合によっては、該当のユーザーを規制させていただきますのでご注意ください。




この本編考察にいいね!

  • 劇場版 HUNTER X HUNTER 緋色の幻影 Amazon
  • 劇場版 HUNTER X HUNTER The LAST MISSION Amazon
  • HUNTER×HUNTER カラー版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) Amazon
  • HUNTER×HUNTER カラー版 34 (ジャンプコミックスDIGITAL) Amazon
  • HUNTER×HUNTER 1 (ジャンプコミックス) Amazon Rakuten
  • HUNTER×HUNTER 36 (ジャンプコミックス) Amazon Rakuten

おすすめのカミーラ=ホイコーロ(第2王子)の考察

おすすめのハンターハンターの本編考察

あわせて読みたいハンターハンターのトピック

MENU
キメラアント