メルエムの言う「理不尽な差のない世界」について考察

メルエムの言う「理不尽な差のない世界」について考察

0 三ツ星の考察ハンター

メルエムがネテロに対して言った「理不尽な差のない世界」が深すぎていろいろと考えてしまう。

「理解できぬな・・・人類という種のためか?
ならば余の行為はむしろ”協力”だと言っておく
例えばお前たちの社会には国境という縄張りに似た仕切りがあろう
境の右では子供が飢えて死に左では何もしないクズが全てを持っている
狂気の沙汰だ
余が壊してやる
そして与えよう
平等とはいえぬまでも理不尽な差の無い世界を!!
始めのうちは”力”と”恐怖”を利用する事を否定しない
だがあくまでそれは秩序維持のためと限定する
余は何のために”力”を使うかを学習した
弱く・・・しかし生かすべき者を守る為だ
敗者を虐げるためでは決してない
貴様とは戦わぬ」

43件のコメント

1 三ツ星の考察ハンター

この時のメルエムは既に人間らしかったですよね。
コムギと触れて弱くても必要な命があると理解していましたし。
ただ、やり方自体が独裁的なので、人間側が受け入れるのは無理だったのでしょう。

2 三ツ星の考察ハンター

理不尽な差のない世界・・・深いですよね。
スラム街と富裕層が隣接した社会で暮らしたことが無いからわからないけど、実際は想像以上に弱者が虐げられているんだろうな。
メルエムの言っていた理不尽な差のない世界もあながち悪くは無いのかもしれませんね。
そういえば、ジャイロも似たようなこと話していましたよね。
まさかジャイロはメルエムなのか?それはないか・・・。

3 三ツ星の考察ハンター

考えさせられた、人の矛盾

4 三ツ星の考察ハンター

強硬派のジョン・レノンだよね

ま、言いたいことは同じだったわけで

5 名無しのハンターハンターマニア

人間よりよっぽどまともな考え方してるよな
すげー尊敬する

6 三ツ星の考察ハンター

でもそれって完全に管理された自由のない社会だよね、その世界でメルエムは神に等しい存在だよ、はたしてそれで本当に幸福になれるのか?とも考えてしまう。なんだかんだ最終的に幸福論になっていくんだろうけど…ここら辺って知能を獲得した知的生命体が未来永劫抱えていかないといけない普遍的な命題だね

7 三ツ星の考察ハンター

異魔神・メルエム・ザ・恐皇

8 三ツ星の考察ハンター

実際問題そんな事可能なのかな?とも思ってしまう

9 三ツ星の考察ハンター

理不尽な「差」がない世界ってメルエムは言ってたから、実力主義は変わんないと思う、ただ汚職とか、他人を陥れて財を成す、とか 人のうわまえをはねて私腹を肥やす、とか そういう悪どい事例を淘汰するってことだと思う、なにも自由を奪い去る奴隷の幸福を強いるって意味じゃなかったと思う

10 三ツ星の考察ハンター

独裁国家で誰もトップに逆らえないと言う状況、北朝鮮の現状と似ている気がします。
本人たちはそれで幸せなのかもしれませんが、他国から見たら幸せそうだと感じる人はいませんよね。

11 三ツ星の考察ハンター

ヨーロッパに雪崩れ込んでる難民の人たちとか見ると特にね・・・

12 三ツ星の考察ハンター

なんにしても
人間は餌。が前提なんだよなあ

13 名無しのハンターハンターマニア

見るべきポイントとしては、>>6のような生き方の多様性っていうところだと思うよ
王の言い方だと何もしないクズは、生きるべき(生かすべき、の時点で独裁的ですよね)ではないわけですから、多分殺されますよね。
つまり、働かされ続けるわけですよ、やりたいかやりたくないかわからないまま怖いから働かざるを得ない、それは奴隷と何ら変わりませんよね。
それが果たして人権の認められた人類としてあるべき姿かどうか考えたら、賛成できはしないですよね。

眠いからここでやめるけど、どう考えてもメルエムは間違ってるよね

14 三ツ星の考察ハンター

まぁ「自己満足」に過ぎないんだよなぁ・・・。

メルエムからすればそれでいいのかもしれないけど、キメラアントが人間を管理するってもザザンやレオル、ユンジュのような裏で無差別に殺生を楽しむようなキメラもいるんだし、そいつらをきっちり管理出来るのかが第一問題。

それにあくまで「生かすべき命」ってそれはメルエム主観の考えに過ぎず、武力と恐怖で統制を布くって時点で人権をかなり侵害してるし。

15 三ツ星の考察ハンター

最後に、メルエムがコムギに言った「余は最後までお前に勝てなかったな」って台詞に全てが集約されてたような気がしますね……生き方の多様性、斬新な切り口だった

16 べつか

全然関係ないんだけど、あのラストは号泣したな。
キメラアント編をネタギレみたいに言う人も居るけどそんなことないと思う。

17 三ツ星の考察ハンター

あの要求を受け入れるってのは「始めのうちは”力”と”恐怖”を利用する事を否定しない
だがあくまでそれは秩序維持のためと限定する」
の秩序維持の過程で蟻に人間が食糧にされる、という事実を敢えて話の中に入れてないから綺麗な話に見えるだけで
実際は「俺が独裁者をやる。俺が気に入らん奴にだけ死ぬほど苦しい重税(死)を課すぞ
しかも税として必要だから気に入る奴しかいなくなっても一定量課し続けるからな」
ってのと変わらないわけで

18 名無しのハンターハンターマニア

>>13と中の人同じです、補足というか訂正というか

人権の認められた人類って書いたんですが、人権ってのは自然にあるものではなく、人間が社会を作り上げる過程で創造したものなので、
少し書き方悪かったですね。

伝わってるとは思いますが、言い直すならば、
人権というもの(知性がある「人」らしく、自由に生きていい)を知っている人類
ですかね

19 三ツ星の考察ハンター

北をハンターに置きかえた話

20 三ツ星の考察ハンター

これ凄い浅い中学生みたいな意見だよな
貧困者って誰かにそうされたわけじゃないんだよなあ
自らそうなっただけであって

冨樫の思想って幼稚だよ

21 三ツ星の考察ハンター

なんで努力と才能とリスクを背負って手に入れた富を
なんで才能もない努力もしないリスクも負おうとしない人間に奪い取られて分配しないといけないのかって事のほうがよっぽどおかしいと分かる

22 三ツ星の考察ハンター

平等つっても結果の平等つーより機会均等のことっぽいけどな
同レベルの努力・才能・リスク選択でも期待される結果に差がありすぎることを是正したいのであって
努力しない奴にも所得再分配する話ではないやろ

23 三ツ星の考察ハンター

メルエムにはまだ生きていてほしかったなぁ…

24 三ツ星の考察ハンター

リスクを背負うのも努力するのも簡単だよ。日本の中流階級で育ってきた連中からしたらね。ただ背負ってきたリスクを他人に押し付けることも簡単だってことを忘れちゃいけないよ。富樫自身皮肉な言い回しで現実をパロディに仕上げてる節あるから気持ちはわかるけど、それでも現実と創作を混同した考えで非難するほど野暮なもんはないと思うよ。
そもそもここで言う弱者の定義ってのがコムギとディーゴとの対比もあるからかなり極端な意見になるかもしれんしね。
まぁ社会的弱者って意味で唯一共有関係があるとすれば背負ってるリスクは皆命なんだけどさ。

25 三ツ星の考察ハンター

※20
自らそうなったといえる根拠は?
※21
メルエムが言ってるのは才能もない努力もしないリスクも負おうとしない人間の富を努力と才能とリスクを背負ってる人間に分配しますよという話なんだが理解力なさすぎるんじゃないか?
努力信仰なのか権威主義なのかは知らんがもはや宗教だなこれ

26 三ツ星の考察ハンター

※24
日本の中流と言っても実態は1から100まであるわけでそう容易く断言は出来ないだろう
そもそもどの範囲を中流とするかという問題もあるわけだ
そのような実態について正確な調査をしましたというならまあ話は聞いてもあげてもいいが……
それに相対的な環境差が確実に存在する中で各々が行動しているわけであってリスクを背負うにしても努力するにしても人が違えば同じ行動を取ったとしても全く重さが異なってくることをまず念頭に置かねばならない

27 三ツ星の考察ハンター

※26ごめんね回りくどかったね。
本物の社会的弱者ってものはどう行動するかとかどう努力するかっていう選択肢がまず剥奪されてる連中のことを言うんだよ。
前提が違うんだ。中流階級も1から100までって言ってるけど1もあれば十分なんだ。
・・・なぁ、なぜ犯罪って起こると思う?まさか全員が愉快犯だとか思ってないだろうな?
君の言うリスクや努力ってどんなことだい?相対的な環境差は他人に対しての自己投影以外で君はどうやって識別してる?
正確な調査ってのはどこまでなら人ひとりの力でできると思ってるんだい?

28 三ツ星の考察ハンター

コメ26さんではないけどさあ…
※20、21に対する意見としては納得できるけども
日本の1から100の内の1が本物の社会的弱者じゃないかのような言い方には首を捻るかな。
総中流っていつの時代の話だよって感じがするしね。
語弊がある言い方だから反感を買ったように見えるな。
世界的には相対的に恵まれてるとは思うし意見に反論するつもりはないよ。

>正確な調査ってのはどこまでなら人ひとりの力でできると思ってるんだい?
調査といっても公開されているデータの分析くらいなら個人でも容易かなぁ。
日本を総中流扱いするなら最悪でも日本のジニ係数の推移ぐらいは把握してるよね(威圧)ってことだろう。
ただ世界間の比較は中々難しいな。単純な所得比較では他の要素との兼ね合いで実態とはかけ離れるかもしれないしなぁ、う~む…。

いや、そもそも※20、21に触発されて※24、26さんの言葉に棘があるだけで
24さんと26さんは対立する意見でも無いように見受けられるが…
売り言葉に買い言葉はやめよっ
どうどう

29 三ツ星の考察ハンター

あの世界は資本主義、メルエムの理想は社会主義

30 三ツ星の考察ハンター

メルエムが絶対的な強者であり善だとしたら実現し得た思想かもしれん
メルエム自体が理想の極致
現実の人間は総体としてはそこまで賢くもなく善人でもない
だから平等公平な社会の実現に四苦八苦してるんだろう
善人の独裁者がい続けるなんてことは世界史上もないだろう
人はいつか死ぬ

31 三ツ星の考察ハンター

死塩と似たようなもんだろ
完全なる実力主義社会

32 三ツ星の考察ハンター

メルエムという存在がすでに理不尽 ネテロ会長は人間の尊厳を守ったよ

33 三ツ星の考察ハンター

理不尽な差ってなんだよ
イケメンとブサメンってだけで理不尽すぎるだろ

34 三ツ星の考察ハンター

メルエム様えぇ蟻やん。

35 35 名無しのハンターハンターマニア

メルエムが殺された理由は彼がキメラアントだった、つまり人間以外の生物が人間を統治しようとしたことにあると思う。
今出回っている映画や小説を見た僕の感想でしかないけど、人間は人間以外の生物にその生存権を侵されることを受け入れられない生物だと思う。どれだけ正しい意見かなど人間に対しては意味をなさず、結局人の本心で言えば「化け物に人間の何がわかる」というものだと思う。
そしてそれは決して間違ってもいないと思う。生物として当たり前の感情で、己が種こそ最も大事だと思えるからこそ、全ての生物は現代まで生きながらえているのだと思う。

36 三ツ星の考察ハンター

メルエムが何をしようと結果は変わらなかっただろうなぁ…
人間最強の会長が反旗翻すぐらいはしないと
でもまぁそれはただの恐怖政治であり独裁であり…

なるべくしてなった、と思う。

37 三ツ星の考察ハンター

結局は勝った方が正義な訳でこのご時世なにが正義かなんてのもわからないと思うけどな

38 三ツ星の考察ハンター

メルエムは最後の最後まで人間の底知れない悪意と直面することはなかった。
あのまま勝利して国を挙げても次は人間の全世界が敵。兵器だけみても薔薇なんて小型低予算のテロカスが使うような雑魚爆弾なんか比べ物にならない兵器が何万、何千とあるだろうし、人材を見ればノヴさえ大丈夫ならカメレオンと組んでクビチョンパで瞬殺だったメルエム。

メルエムやネテロとは強さの種類が違う強力な念能力者も、もしかするとメルエムが相性最悪な念能力者もごまんといるだろうし

人間の方が上手、メルエムが理想の世界を語って理解できぬなっていうのもしょうがない
ま結局、所詮蟻の戯言だった

39 三ツ星の考察ハンター

結局は生かすに足る人間をメルエムが独断と偏見で選ぶわけでしょ。それは理不尽だと思わないかい?

40 三ツ星の考察ハンター

>> 結局は生かすに足る人間をメルエムが独断と偏見で選ぶわけでしょ。
そうとは言っていませんね。不要であれば殺すとも言っていないし。仮にそうだとしても「始めのうちは」ってメルエムが言及しています。

メルエムが言っているのは、このまま差がある生活を永遠に続けるのではなくて、多少最初に犠牲(死とはかぎらない)をともなったとしてもその差を埋める活動を約束するということ。

私の考察としては生活全般における累進課税制度のようなものだったんじゃないかなと思っています。

41 三ツ星の考察ハンター

メルエムの言ってることが社会主義っていうのは間違っていると思います。
社会主義は人が人を管理する。管理する人が私欲に走ると崩壊するし、私欲に走るのが人間本質っていう矛盾があった。
メルエムはフィクションのキャラですから、普遍的合理主義を徹底できる神様みたいな能力もってるから、実在する神様(人間以上の超生物)が統治する宗教国家みたいな感じかと。人は必ず間違うけど神様は決して間違わないという考え方です。ただ、こう考えるとコムギに勝てないっていうのが、メルエムも結局は人的であったみたいに思います。

最後に、メルエムの名前の由来のように、メルエムが照らしたのはコムギでした。コムギは社会的な能力ゼロで、道ですれ違ったらキモいで終わりで、社会のヒエラルキーでは下層にいるでしょう。しかし、社会のヒエラルキーも恣意的で局所的、時代的なものにすぎない。そういった価値判断のフレームでは映らない美しさをメルエムが発見した物語のように感じ、それがメルエムの国家像に反映されているのだと思いました。

42 三ツ星の考察ハンター

理想論なのは分かるけど絶大な武力が背景にあってメルエムのカリスマ性が人々を統治、管理するって言われちゃうと可能かなって思える。100%相容れない主張だけど、キメラってそもそも種の枠組みに固執してないしね。考えかがから違う。

43 三ツ星の考察ハンター

人権とか社会主義とか全くもって関係ない。
イルミが無双したようにこの世界に念能力の占める力は果てしない。メルエムはネテロに負けなければ、おそらく理想の世界を作ったと思う。貧困のない、不平等の限りなく少ない世界を(実力主義といってもそれは肉体的な物だけじゃなくあらゆる才を王は認めるはず、コムギのような身体能力が乏しくも軍議の才を持つ者を活躍させるなど)。それは人類全体から見れば最大多数の幸福の道であったはず。
だけど、一人一人の気持ちはそれを受け入れられない。隣にいるものが自分をいつでも殺せる、餌として見られることにきっと耐えられる人は少ない。
それがネテロの言った蟻と人との間に立場に揺れている王に対して「絶対に交わらない」といった意味だと思う。

コメントを書く

トピックの内容と関係のないコメントは削除の対象となります。
場合によっては、該当のユーザーを規制させていただきますのでご注意ください。

コメントを残す



このトピックにいいね!

あわせて読みたいトピック