メルエムの言う「理不尽な差のない世界」について考察

メルエムの言う「理不尽な差のない世界」について考察

メルエムがネテロに対して言った「理不尽な差のない世界」が深すぎていろいろと考えてしまう。

「理不尽な差のない世界」について

「理解できぬな・・・人類という種のためか?
ならば余の行為はむしろ”協力”だと言っておく
例えばお前たちの社会には国境という縄張りに似た仕切りがあろう
境の右では子供が飢えて死に左では何もしないクズが全てを持っている
狂気の沙汰だ
余が壊してやる
そして与えよう
平等とはいえぬまでも理不尽な差の無い世界を!!
始めのうちは”力”と”恐怖”を利用する事を否定しない
だがあくまでそれは秩序維持のためと限定する
余は何のために”力”を使うかを学習した
弱く・・・しかし生かすべき者を守る為だ
敗者を虐げるためでは決してない
貴様とは戦わぬ」

メルエムの言う「理不尽な差のない世界」について考察へのコメント

コメントを書く

メルエムの言う「理不尽な差のない世界」について考察へコメントをして、あなたも考察・議論へ参加しましょう。

誹謗中傷やトピックの内容と関係のないコメントは削除の対象となります。
場合によっては、該当のユーザーを規制させていただきますのでご注意ください。



この考察・議論にいいね!

おすすめのメルエム(王)の考察

おすすめのハンターハンターの考察・議論

あわせて読みたいハンターハンターのトピック

MENU
キメラアント