34巻で冨樫先生が解説したクロロVSヒソカについて考察

34巻で冨樫先生が解説したクロロVSヒソカについて考察

ハンターハンターの34巻で「クロロVSヒソカ」について冨樫先生が異例の解説をした。

クロロVSヒソカ 解説

この対決ではやりたかった事がいくつかありました。
まずこの対決自体。私は主人公の敵同士が戦うという話が大好きで、中でも一番燃えたのが「ドカベン」の土佐丸高校VS弁慶高校です。これをぜひ自分の作品のなかでやりたかった。
両者を起てながらキッチリ勝敗をつける点に注意を払ったのですが、楽し難しですね。
あとやりたかったのは「100%勝つ」って言って本当に勝つ事。
大体負けてしまうので。
言った人。
それにあたり、岩本虎眼氏の心構えを参考にさせていただきました。
「シグルイ」最高っす!!

一番やりたかったのは旅団の誰かを殺させる事でした。
話の流れは大体決まっていたのですが、最後にヒソカは誰かを殺すのかは決まっていませんでした。ヒソカはあの場でマチを殺したがっていたのですが、僕が却下してしまいました。
船の流れに続けるにあたって他の旅団員へのメッセンジャーが必要だったのと、今回の闘いの反省と復讐をふまえて、クロロの能力を削っておくという、冷徹で合理的な判断にヒソカの本気をにじませたかったから・・・という言い訳を後からつけ足した私の勘です。
おそらくマチを残しておいた方が後々面白くなるという予感です。

岸本さんとの対談でも少し出てましたが、ストーリーを作る際のマニュアルは自分の中にあって、それは全て言語化出来ますし、実際考えた末、マニュアル通りが面白いという結論に達する時も多々あります。
しかし先の先がまだ見えない状態で、どちらを残すか、あるいは残さないかの判断は勘になります。
・・・後悔しないといいなぁ。

コメントを書く

34巻で冨樫先生が解説したクロロVSヒソカについて考察へコメントをして、あなたも考察・議論へ参加しましょう。



この考察・議論にいいね

おすすめのハンターハンターの考察・議論

あわせて読みたいハンターハンターのトピック