MENU

幻影旅団の理念や組織体制について考察

幻影旅団の理念や組織体制について考察

幻影旅団の理念や組織体制について考察することで団結力の秘密を探る。

幻影旅団の理念や組織体制について考察へのコメント

  • 21 蜘蛛のファンです 2018/06/05 19:10

    クロロ団長が上司や先輩だったら幸せですね。
    クロロ団長が総理とかだったらもっと幸せです。
    クロロ総理に清き一票宜しくお願いします。

  • 20 奮闘ハンター 2018/03/16 19:39

    理念について、デカい疑義が生じたわ。聞いて。
    今回、なんでシズクとボノは、ヒソカとタイマンして、負けて死ぬのを嫌がっているの?

    二人ともザザン城攻略戦において、正面突破、個人での局地戦に賛同したじゃん。異論を唱えて疑問を投げたのは新入りのカルトだけで。しかも、向かってくるもの全て倒せ、一人で…という旅団の流儀を、直ぐに受け入れた。
    シャルナークもそう。無策っていうんじゃなくて、たとえ集団戦法を好む(かもしれない)蟻に対してでも、単騎での「早い者勝ちの競争」で遊ぶっていう、流儀。故郷の流星街を救うという大義もそっちのけ。運と実力を命懸けで楽しむことが、旅団にとって優先事項。
    実際、パイクの糸にシズクは苦戦し、ボノの攻略のためにトゲトゲ蟻はパイクとコンビを組もうとした。負けてても全然おかしくなかった。でも、戦闘の結果の死は受け入れてしかるべきでしょ?

    今回の相手はヒソカたった一人だというのに、旅団の側が組んでどうするの? タイマンが好きなんじゃなかったの?
    クロロも、あっさりボノの変身能力に頼った作戦立ててんじゃあないよ。盗みじゃない…ケンカくらい一人でやれ。つくづく残念なヤツ。

  • 19 奮闘ハンター 2018/03/04 00:40

    16のゴレイヌの念獣さんの意見が重要。ハンタの世界は自由に生きた者…遊んだ者が勝ち。

    遊びをせむとや生まれけむ
    戯れせむとや生まれけむ
    遊ぶ子供の声聞けば
    我が身さえこそ 揺るがるれ

    ネテロ、パリス、ジン、ビヨンド、ボマー、ツェズゲラ、ゾル家…いろんな規模の組織を仲間と作って、己の欲を満たす為に頑張ってる。※社会的使命や責任を己の欲の中に含む者もいる。
    ゴンやキルア、ヒソカは比較的新参者で、組織作りが甘い。
    そこんところいくと、クロロは先輩格。組織作りが手頃で柔軟。クロロや仲間の欲の大きさや趣向に見合っているのだろう。窃盗、喧嘩、殺し…etc.

  • 18 万年ぼっち 2018/01/21 16:15

    >>5の人へ
    幻影旅団は素晴らしい企業です・・・・
    あとスポーツ業界で暴力事件が多いから
    いつも幻影旅団のルールがあれば平和なのにと
    思います。(特にメンバー同士のマジ切れ禁止と
    揉め事があった際はコイントスで決めるは全世界共通で
    いいと思います)これでスポーツ業界は明るくなる筈。

  • 17 三ツ星の考察ハンター 2017/08/11 16:17

    万が一の時のことを考慮している時点で有能な盗賊集団なんだよな。

  • 16 ゴレイヌの念獣 2016/12/26 16:45

    追記
    理念ですが「能力ある俺ら。面白い生き方したいから同じような考えの人間で群れてんだわ」な可能性もあったね。失念失念。

  • 15 ゴレイヌの念獣 2016/12/26 16:39

    まず理念ですけど、
    クロロが言っているように「アタマがやられても誰かがあとを継ぐ」ということであればこれはもう“クロロが己の私欲を満たすために作った組織ではない”ことはまず間違いなくて。ならばその目的は?ということになるんだけども、多分なんらかの「善意」みたいなものは無いよね。タイガーマスクみたいに“実は孤児院の子供たちを助けるためでした”みたいなものではない。でなきゃ善人揃いのクルタ族を皆殺しにしない。
    では例えば陳腐だけど“体制への挑戦”か?ハンター協会やそれこそ“世のため人のため”みたいなモノに対する挑戦。あるいは流星街というキーワードから“この世から捨てられた者たちの復讐”だろうか。ストーリーへの重要度は低そうだから、そのへんは今後も作中で明らかにはされないだろうけど、そんなとこかなと推察。
    組織体制については
    クロロに心酔しているメンバーが数人(代表的なのがマチ。死んだパクノダやシャルナーク、コルトピもそうだったけど)いるおかげで、幻影旅団はずいぶんクロロの私兵みたいな印象になっちゃっているけど、やはりプロの集団であって、例えるならCIAのエージェントみたいなもんでしょ?普段はそれぞれ自分の裁量で独自行動をしているわけですけど、旅団という組織に所属はしているので、「上」から招集がかかれば集合し、ミッションの説明を受け、納得がいけば協力して仕事をする、と。
    ヒソカが旅団に入れたのも“得体は知れないが一芸に秀でた能力者”だったからだろうし、ウヴォーギンが死んだときも悲しんだのは個人的にシンパシーのあったノブナガだけだった。「結びつきの希薄なプロ集団」「理念に合致している仕事であれば(招集があれば)応じる」→ただし、その「理念」は冨樫がまだ書いてない…って感じかなぁ。

  • 14 三ツ星の考察ハンター 2016/12/10 23:17

    そうまでして旅団を存続させなければいけない理由とは何なのか?ただ単に団長が欲しいものを奪うだけに活動してる組織とは、どうも思えない旅団の存在意義ってなに?

  • 13 三ツ星の考察ハンター 2016/11/18 13:34

    クロロvsヒソカ戦の顛末を見るとスキルハンターにパクられてもあとで返還は可能だと分かる。
    パクノダの読心術もパクってクロロは使ってたんじゃないかな、他のメンバーも同様にパクらせる前提で能力覚えさせてる、両手使うスキルが多いのはつまり自分に出来ないからでノブナガが言う団長のお眼鏡に叶うかどうかの基準は自分に必要かどうか。

  • 12 三ツ星の考察ハンター 2016/11/15 11:56

    スキルハンターがさ、ヒソカvsクロロの時みたく旅団メンバーの能力を実装して運用するっていう趣旨で作られていたとしたらあの人選は納得だよね、だって当初は両手使えないスキルだったわけだし

  • 11 三ツ星の考察ハンター 2016/11/14 16:20

    旅団ってベンチャーなんか…
    なんかイメージ的にクロロを筆頭に自分が使えないスキルを補填する意味合いで組織作りをしている印象かな、強化系のウボーさんとか、ノブナガとか、フィンクスみたいな特攻枠は特質系の自分には不向きな接近戦のガチンコ殴り合いを代わりにやってほしいから、情報処理が旅団のキモって明言してたのも裏を返せばパクノダやシャルあたりが奪いたい相手の能力を奪いやすいよう制約をクリアする為、自分には苦手なスキルが使える人材を登用している気がする

  • 10 三ツ星の考察ハンター 2016/10/22 22:38

    幻影旅団がベンチャー企業なら、ゾルディック家は家族経営の会社かな

  • 9 ꜀(.௰. ꜆)꜄ 2016/10/12 23:24

    しばらくすると幻影旅団2 幻影旅団3 が出てきて幻影師団になります…

  • 8 幻影旅団フリーク 2016/09/04 22:56

    幻影旅団のことを知れば知るほど、よく考えられた組織だということがわかる。
    頭がやられても感傷に浸ることなく手足が頭の役割を担うところとか、SWATと同じ思想だと思うところがいくつもある。
    結局は任務を遂行することが第一だから、それ以外はすべて捨てるという理念なんだと思う。
    それはそれとして、一方でウヴォーギンのためにヨークシンを壊滅させたりと人情的なところもある。
    メリハリをつけることで、本来の任務の時に集中しやすくしているのだろう。

  • 7 三ツ星の考察ハンター 2016/09/04 10:27

    争い事をコイントスで決めるというのも合理的ですよね。
    決断に対してスピード感はでるし、後腐れも無いしでメリットの方が大きいような気がします。

  • 6 三ツ星の考察ハンター 2016/09/04 10:22

    大企業ではないし、ただの中小企業でもない、幻影旅団をベンチャー企業に例えるのかなりしっくりきますね。

  • 5 三ツ星の考察ハンター 2016/09/04 02:29

    幻影旅団をITベンチャー企業に例えてみた。
    クロロ:社長
    ノブナガ:営業
    フィンクス:営業
    ウヴォーギン:営業
    マチ:ディレクション
    フランクリン:ディレクション
    フェイタン:クリエイター
    ボノレノフ:クリエイター
    コルトピ:エンジニア
    シャルナーク:エンジニア
    ヒソカ:アナリスト
    パクノダ:広報
    シズク:総務
    オモカゲ:退職者(元クリエーター)
    カルト:新入社員(見習い)

  • 4 三ツ星の考察ハンター 2016/09/03 17:03

    団長もはもちろん優秀ですが、団員も間違いなく優秀でしょう。
    クロロは言わずと知れたカリスマ。
    フェイタン、ボノレノフ、ウヴォーギンは一つに特化した職人タイプ。
    コルトピ、パクノダ、マチは縁の下の力持ちタイプ。
    シャルナーク、フランクリンはチームをまとめる調和タイプ。
    などなど、タイプは違えどそれぞれに長けているものがあるのです。

  • 3 三ツ星の考察ハンター 2016/09/03 15:23

    幻影旅団が優秀なのは団長(クロロ)が優秀だから。
    団長曰く「頭が死んでも誰かが跡を継げばいい」とは言っているが、団長が死んだら幻影旅団をまとめられる団員はいるのだろうか。
    いやいない。
    最有力候補はフランクリン、シャルナーク、マチあたりだろうが、とてもじゃないがクロロの後を継げるとは思えない。

  • 2 三ツ星の考察ハンター 2016/09/03 12:06

    少数精鋭だし全員が信頼のおけるプロだから、かなり動きやすいんだろうね。
    団長が社長、団員が社員だと置き換えると、理想のベンチャー企業の形だと思うよ。

  • 1 三ツ星の考察ハンター 2016/09/03 09:34

    基本団長の指令は絶対だが、団員全員に裁量権があってスピード感もでる。
    団員それぞれに役割、または得意分野があってお互いに信頼関係がある。
    実はとても理にかなった組織なんですよね。

コメントを書く

幻影旅団の理念や組織体制について考察へコメントをして、あなたも考察・議論へ参加しましょう。



この考察・議論にいいね!

おすすめのウボォーギンの考察

おすすめのハンターハンターの考察・議論

あわせて読みたいハンターハンターのトピック