メルエムが支配された感情「敵への惜しみ無き賞讃」の描写について考察

メルエムが支配された感情「敵への惜しみ無き賞讃」の描写について考察

メルエムVSネテロ時にメルエムが支配された感情「敵への惜しみ無き賞賛」の描写について考察。
立て札には「王」「会長」「百式観音」「風流蟻討伐」「集英若連?」と書いてある。

メルエムが支配された感情「敵への惜しみ無き賞讃」の描写について考察へのコメント

コメントを書く

メルエムが支配された感情「敵への惜しみ無き賞讃」の描写について考察へコメントをして、あなたも考察・議論へ参加しましょう。



この考察・議論にいいね

おすすめのハンターハンターの考察・議論

あわせて読みたいハンターハンターのトピック