MENU

メルエムが支配された感情「敵への惜しみ無き賞讃」の描写について考察

メルエムが支配された感情「敵への惜しみ無き賞讃」の描写について考察

メルエムVSネテロ時にメルエムが支配された感情「敵への惜しみ無き賞賛」の描写について考察。
立て札には「王」「会長」「百式観音」「風流蟻討伐」「集英若連?」と書いてある。

メルエムが支配された感情「敵への惜しみ無き賞讃」の描写について考察へのコメント

  • 6 三ツ星の考察ハンター 2018/01/01 11:59

    「風流蟻討伐」とか「集英若連」はどういう意味なのだろうか。

  • 5 三ツ星の考察ハンター 2017/12/07 23:19

    「惜しみ無き賞讃」という描写なだけあって凝ってる。

  • 4 三ツ星の考察ハンター 2017/12/06 01:11

    メルエムは完全にメモリの無駄遣いをしていますね。

  • 3 三ツ星の考察ハンター 2017/12/05 00:54

    この描写は山車をモチーフにして書いているのだろう。
    山車には龍の飾り物を乗せることもあるのだが、そのためだけにゼノを登場させたのではないか。
    そうでもなければ、この場にゼノがいる事自体が不自然である。

  • 2 三ツ星の考察ハンター 2017/12/04 22:48

    立て札が全て漢字になっているところを見ると、ゼノはカタカナだから仲間外れにされたのかな。

  • 1 三ツ星の考察ハンター 2017/12/04 22:44

    念能力の百式観音でさえ立て札はあるのに、人間のゼノの立て札がないという・・・。

コメントを書く

メルエムが支配された感情「敵への惜しみ無き賞讃」の描写について考察へコメントをして、あなたも考察・議論へ参加しましょう。



この考察・議論にいいね!

おすすめのアイザック=ネテロ(ネテロ会長)の考察

おすすめのハンターハンターの考察・議論

あわせて読みたいハンターハンターのトピック